xx ~その1

今月分の予算を投入したxxxxxxxとは、WALKMANっす。そう、あの携帯音楽プレーヤーの代名詞だったWALKMANっすよ。先日紹介した新型WALKMANが欲しくなって、さくっと買ってしまったわけです。
 購入したのは、今回発売されたSシリーズの最大容量4GBモデル・NW-S706F。色はバイオレットにしました。ゴールドと迷ったんですが、持ち歩くモノなんで、奇抜さよりも無難な方にしておきました(とはいえ最も無難なブラックは色気がなさ過ぎて…)。ちなみに、店頭のモックだと表示部がとんでもなく紫だったり黄土色だったりピンクだったりしてますが、実物ははるかに落ち着いた色です。バイオレットどころか、黒に近いダークパープルっす(下の写真参照)。これならゴールドでも良かったかもしれない。
 サイトなんかで見ていると実感が湧かないのですが、私が予想していたのより実物は大きかったっす。例えるなら、ちょっと立派な印鑑ケースですな(2ちゃんなどでは“ゴキブリ”とか言われてますが、こんなデカいゴキがいたら恐くて叩けないぞw)。ダイキャストで作られた金属ボディは質感は大変素晴らしいのですが、重く、「胸ポケットに入れて気軽に持ち運ぶ」ってイメージとは少しズレがあります(このテのは軽いに越したことはないと思うのだけど…)。まぁ、実際は胸ポケットに入れてしまえば、さして気になりませんけどね。
 「このテのプレーヤー」といえば、もはや世界中でiPodが席捲しており、このS706Fを含むWALKMAN S700シリーズはiPod nanoの対抗商品となります。実際ヨドバシなんかの売り場に行っても、iPodは人だかり。一方WALKMANその他は客がまばら。その差をひっくり返すだけの魅力があるのかと言えば…たしかに今までのWALKMANにはまるでなかったけど、今度のは違います。nanoと比べて特に魅力的なのは、「高音質」「スタミナ」そして「ノイズキャンセリング」っすな。
 今回は、そのうち本機の最大の特徴である「ノイズキャンセリング」機能について書いてみましょう。「ノイズキャンセリング」は今までにもあった技術で、「外来ノイズをマイクで拾い、逆位相の波をぶつけて相殺することで聞こえなくしてしまおう」って技術です。下の写真でイヤホンについている灰色の部分がマイクになっており、本機はここで外来ノイズを拾ってきます。ただ、今まではヘッドホン内やコードの途中にノイズを処理する回路を装備していました。プレーヤーから出た音が、途中でその回路を通り、外来ノイズの逆位相の音が付加されていたわけです。そのため私は興味こそあれ、このような方法では音が劣化しそうであまり好きになれなかったのですが…本機では処理回路がプレーヤーに装備されたため、プレーヤーとヘッドホンの間に妙な回路が入り込まなくなりました。これなら元来の音の劣化も少ないと思われます。
 で、実際一週間ほど使ってみた効果はというと…個人的には“絶大”です。これには本当にびっくりしました。“絶大”といっても外来ノイズが皆無になるわけではありません。原理的には外来ノイズを完全に遮断できるはずなんですが、そんなことはなく、外の音も聞こえるものは聞こえます。クルマのロードノイズや周囲のざわつきなどはほぼ消えてしまうのですが、人の声なんかにはあまり効果ないですし、電車の車内アナウンスはちゃんと聞こえます。全体的な感じとしては「1/3に低減」ぐらいでしょうか。でも、そこに聞こうとしている音楽が流れてくると話は別。意識がそっちに集中するので、音楽以外に完全に雑音がないかのように思えるのです。私が携帯音楽プレーヤーを使うのは主に電車の中なのですが、長ーいトンネルを通る際、静かな楽曲だとノイズにかき消されてしまうのでこれらを聞くのは諦めていたのですが…本機のノイズキャンセリングを使えばちゃんと聞けちゃいます。カセットなウォークマンから10数年携帯音楽プレーヤーの音を聞いてきましたけど、これは革命的。試しに入れてみたジャズ(ビル・エヴァンスのピアノトリオ)も、電車内でじっくりと聞くことができました。いやー、これには本当に感動したですよ。ただ、逃げ場がないからか轟音ノイズだらけとなる地下鉄車内となると、また話は別で…こちらではさすがにジャズはムリでした。軽減効果も2/3程度にとどまっている感じですな(でも、電車内で普通のプレーヤーを聞いている程度にはなる)。とはいえ、電車内でジャズまで楽しめるってのは本当に初めての経験です。それだけでも購入する価値は十分あると思ったですよ。
 
 長くなったので、ひとまずここらへんで切ります。「高音質」「スタミナ」や全体的な使い勝手とかは、私は初代nano(4GBモデル)ユーザーでもありますので、それと比較しながら次回書いてみることにします<こちら>。
 
 
広告

2 Responses to xx ~その1

  1. げるぐぐ says:

    私は携帯音楽プレイヤーは今は亡き?Rioのカーボンというものを使っています。いい加減買い換えたいと思い、iPodは興味があるのですが、音楽データはWMA形式で保存しているため、iPodを買うとなると録音し直しですよね?うーんノイズキャンセルというのも興味がありますが、ソニー製品はタイマーが怖いw
     

  2. Bleumer says:

    Rioですかー。うちにはi riverの20GBHDDプレーヤーがあって、ライブラリをOggで組んだため、iPodのライブラリは作り直しました。今回はジャズなど新規分が多いので新規作成。
    WMAだと、iPod+iTunesはムリですが、WALKMANならSonicStageにインポートしてそのまま再生できます。タイマーは祖父の5年保障でキャンセルしてみましたw。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。