テストドライブ アンリミテッド ~その2

 今回は「その2」ということで、私Bleumerが「テストドライブ(TDU)」で“チャンピオン”に至るまでのプレイ状況を書いてみましょうか。このゲームはのんびりオアフ島見物しながらフレンドの人たちとしゃべったりするのが楽しんですけど、それだけじゃネタにならんので、もう少し攻略的な話をば。
 「TDU」で最初にするのが3Dキャラクター選びというのは昨日書いた通りですが、私が選んだのは青っぽい服を着た野郎。あとで自由に整形可能と知っていれば女性にしたのに…残念だw。で、せっかく男なんで自分に似た感じにしてみようと頑張って整形したのですが、再現対象が白人しかアタマにないらしく、一定以上の均衡から崩れてくれない。ちっ、俺の顔はもっと(以下自粛)。
最初に選んだクルマは前に書いた通り、赤のAlfa GT 3.2 V6 24v。FFなんでコーナリングは安定、しかも最近のFFらしく良く曲がります。「TDU」ではクルマがランク付けされてまして、このアルファはランクFなんですが、ランクF対象の“チャレンジ”(※エキスパートまで。チャンピオン取得後オープンになる“チャレンジ”はまだやってないので不明)はこのノーチューンなアルファ(※“プロ”になると、クルマをチューンできるようになります。+1~+3の三段階)で余裕っすよ。そうそう、このゲームはグリップ走法だけで充分勝てます。「ドリフトを使いこなさないと!」なんてことはありませんので安心して下さい。
そのアルファでオアフ島のカーディーラーを全て巡り、バイク購入が解禁になったので、さっそくカワサキZX-10Rを購入してみました。で、試し乗りしてみたら……圧倒的加速、圧倒的コーナリングスピード!ありえねぇ。四輪の感覚が狂いそうだったので、即、封印。
次に選んだクルマは、ランクEの日産 350Z NISMO S-Tune。日本名だとフェアレディZですな。デフォルトだと唯一の日本車なんすよ(※DLCではR34 GT-Rとレクサスがある。また二輪なら、先のカワサキがあります)。色は青にしたんですが……このZ、FRだからかやたらスピンするし、ちょっとでもオーバースピードだと果てしなくアンダーステア。こんなに乗りづらいクルマなのかと最初は思ったんですけど、しばらくしたらそれも慣れました。ランクE対象の“チャレンジ”も、このチューン+1扱いのZでいけると思います。
その次に買ったのは、ランクBのランボルギーニ Gallardo SE。私はフェラーリが好きで、今やフォルクスワーゲン(アウディ)傘下のランボルギーニなんざイタリア車ですらなく、実車だと全くもってどーでもいいクルマなんですが、ゲームとなれば別。今のランボルギーニは4WDなんすよ!4WDならコーナリングで安定させやすいので、これに決定。「TDU」でも、コーナーでふらついたとしてもアクセルオンだけでだいたい安定するのでラクです。チューン+2もすればだいたいのランクB対象の“チャレンジ”はいけるんじゃないですかね?
ここで、最初の家のガレージ(4台分)が満杯になったので家を買うことに。私の購入基準は「8台収容・$300000前後」の物件であること(収容台数を考えると割安なんですよ)。島中探すと結構あるんで、探してみて下さい。
さて、ガレージも増えたし、クルマ購入再開。次はランクG(往年の名車のクラス)のランボルギーニ Miura P400SV。ランボルギーニの最盛期の頃のクルマですな。このクルマをいきなり+3までチューンして出陣すれば、ランクG対象の“チャレンジ”はぶっちぎりで勝てちゃいます。
しかし、ランクCとDの“チャレンジ”は厄介でして……ランクCはランボルギーニ Gallardo Spyder(ランクBのGallardoのオープンバージョン)を選んだのですが、速度不足。+1チューンしてもあまり状況は変わりません。このへんはウデでカバーかな。また、ランクDは有料DLCに含まれるルーフ RGT(ポルシェのクルマをRUFが独自にチューンしたもの)を選んだのですが……こいつが相当のじゃじゃ馬。RRだからか何なのか、アクセルワークを間違えるとどっかに行ってしまいます。+2までチューンしてなんとかやりくりしましたが……ランクCとDの“チャレンジ”は一般通行車併走など条件の厳しいものが多く、そういうのはまるでクリアできずうんざりしてしまいます(結局、「対向車の巡り合わせが良かった」とか運次第になっちゃうんですよね。ウデと関係ないから面白くない)。まぁ、そういうのでムリしてゴールドカップをとらずとも“チャンピオン”にはなれますので、さっさと別の勝てる“チャレンジ”に向かわれた方がよろしいかと思います。
あと、“ミッション”は「2シーター限定」ってやつだと、ランクBのクルマでもタイム的にはかなり余裕ができてラクです。パーフェクトを目指すならこれですかね。問題なのはクルマのランクを特定してくるタイプ。これはタイム的にギリギリなんで、交通ルール無視で飛ばしまくるしかありません。乗客の安全など考慮せずぶつけまくってでも送り届けましょう(つーか、美人でもないのに“モデル”と称するナマイキな女など、隣でどうなってても知ったこっちゃないw)。ただ、クルマを送り届ける“トランスポート”だけはパーフェクトに拘った方がイイです。賞金がx1.5ぐらいになり、差額がでかいので。
その“トランスポート”で儲けたお金で、念願のフェラーリを買いあさることに。まずは一番高いエンツォ・フェラーリ(ランクA)、色はもちろん赤で。いやはや、さすがはランクA、速い速い。あと、赤のF430とマラネロは黄色で(フェラーリのメーカー推奨色は伝統的に赤と黄色でして、どちらも発色しにくくて塗装が難しい色だからというのが理由です。プラモデルで赤色と黄色を塗装してみればイヤでもわかります)。おほほ~、やっぱええわぁフェラーリは。いつかは実車も買ってや(いやいやいや、仮に買えても、払う値段が高すぎて、いざ運転となったら恐くてできそうにないぞw)。
とまぁ、こんな感じでやってけば、実績がどんどん解除されて、そのうち“エキスパート”になり“チャンピオン”にもなれると思います。服買いあさるとかラクに解除できる実績からどんどん解除していけばいいですし、お金を稼ぎまくるだけでも買ったクルマの数の実績とかいろいろ解除できますしね。
 私は“チャンピオン”になっちゃったので“チャレンジ”はどーでもよくなり、今はオアフ島の全道路を征服してやろうとツアー中です(※「TDU」では一度走った道路は全て記録され、GPSマップ上で確認できる)。現在は75%制覇。こういう楽しみ方もある……本当に懐の深いゲームだと思います。
ただ、事情により、私は明日からしばらくの間、Live!には繋げられそうにありません(ここのスペースはもうしばらく更新します。ネタは既にできてますのでw)。またしばらく経ったら「TDU」のオアフ島でお会いしましょう。
~その3に続く<こちら
広告

2 Responses to テストドライブ アンリミテッド ~その2

  1. げるぐぐ says:

    2台目に買った車が日産GT-Rなんですが、美人を横に乗せて、という「2シーター限定」ミッションがなぜか出来ました。あの車、2シーターじゃないはず・・・

  2. Bleumer says:

    リアシートなんて名ばかりのFD3S(最終型マツダRX-7)と違って、しっかりとした2人分のリアシートがありますな、R34 GT-Rは。
    チューンしたら、軽量化でリアシートは一番に取っ払われそうだから帳尻が合いますが、ノーマル状態だったら……無料DLCなんで、細かいところはどうでもよかったのかもw

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

w

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。