年金そして民主党よ驕るなかれ

 今回の選挙の最大の争点は「年金」だったのは間違いないと思います。社会保険庁(社保庁)の問題がなければ、選挙の結果も随分違っていたことでしょう。
 でも、社保庁の体質というのは連綿と続いてきたことであり、現政権だけが悪いわけでも現政権だけが責任を負うことでもありません。個人的には今回の年金未払い問題に対する安倍政権の対応は、強引すぎはしましたが、そう悪いものではなかったと思っています。
 年金の本当の問題は、今この時点での支払いではなく、ずっと未来まで続けられるかってことなんですよ。今年から、いわゆる“団塊の世代”が国に納める側から国から貰う側に移っていきます。そうなると年金原資の収支バランスが一気に崩れ、今のシステムのままでは“団塊の世代”に払い終えた時点で破綻するのは目に見えています。そこをどうするのか?対策を考え、決定し、実行するのが政治家の仕事です。
 なのに、安倍政権も自民党も公明党もそこには触れませんでした。今受け取ろうとしている人たちにのみ「ちゃんと払うから」と選挙の間中叫んでいただけです。じゃあ、「私たち若い世代の年金はどうしてくれるのか?」については何にも言いませんでした。払うだけ払わせるくせに、私らには何のケアもなしってんじゃ「お前らには任せられない」ってことになってしまいます。
 ただ、安倍首相自身は年金については結構考えてる人です(一元化論者ですし)。社保庁の話が突然出てしまったのでその対応だけに終始させられてしまったのは、安倍政権にとって不幸だったといわざるを得ません。だから、この点に関して私は不問としました。私の安倍政権不信任の理由に「年金」がなかったのはそういうことなんですよ。
 むしろ問題なのは、年金問題を最も重点的に攻撃しておきながら民主党の年金対策は全くなってなかったことです。彼らは、以前のマニフェストでは「消費税増税分を年金原資にあてて、収支バランスを改善する」と明記していました。あれはとても良い案だと思いましたし、私はそれを理由に票を投じたこともあります。なのに、今回は「年金一元化」こそ共通して訴えていましたが「消費税増税はしない」と言ってしまいました。じゃあ、「不足する年金の原資はどうするの?」といえば、「増税しないけど消費税を充てて、あとは公務の合理化云々で浮いたカネでごにょごにょ」といった形で体裁だけ整えていました。
 ふさけてんじゃねーよ。ただでさえ警察やら児童相談所やら行政は人手不足予算不足が甚だしいってのに、合理化だ?これからの日本は機密漏洩防止とかデータのセキュリティ管理とか今までになかった分野にたくさん予算をつぎ込まねばならなくなるのだよ。ただでさえ小泉政権下で切り詰めすぎたってのに、公務に対する支出をこれ以上切り詰められるわけがないだろう。それにマニフェストの治安対策には「警官を増やす」とも書いてある。「住民税増税」批判の受け皿になるべくこんな形にしたんでしょうけど、認識不足な上に矛盾だらけで開いた口が塞がりませんでしたよ。
 また、私が政治に期待する筆頭項目である治安対策は、自民党も民主党もショボいもんでした。あれじゃ、「何もしない」に等しい。それに、治安対策に限らずどの政党のどの政策も目先のことだけで、大局に立ってマニフェストを書いてるところはありませんでしたね。ホント、笑えるくらいに来年度ぐらいまでしか見通してない政策ばかり。「遅くとも2年後には衆議院議員選挙があるから、本格的なのはその時に」とでも言うのでしょうか?なら、国民を完全にバカにしてますよ。政策論争という点では今回は最悪な選挙戦だったと言わざるを得ません。たぶん、今回の選挙では誰もマニフェストなんて見てなかったんでしょうな(もし見てたら、「子供騙しか!」という声がもっとあってしかるべきです)。マスコミが言ってるように、大半の有権者は単に「安倍政権を懲らしめよう」ってつもりで民主党に入れたんでしょう。
 今回だけは自民党には入れたくないし他に選択肢がないから私は民主党に票を投じましたが……民主党よ、驕るなかれ。もし今政権を取りたいなら、大局を見て、筋の通った政策を国民に具体的に提言せよ。仮に思った通りに衆議院がじきに解散総選挙となったとしても、“政権選択選挙”となれば、今日が投票日でも国民は実績のある自民党を選んでも全然おかしくない。あんな子供騙しな選挙のやり方で、政権交代も実現するなんて思うなよ。
 以上、Bleumer的参議院選挙総括でした。 

Bleumer的安倍政権不信任の理由

 参議院議員選挙、全ての議席が決しました。民主党が60議席を獲得して圧勝、参院での第一党に躍進。一方の自民党は37議席、公明党は9議席と惨敗。特に自民党は片山虎之助参院幹事長まで落選するという事態に追い込まれました。後の有象無象政党はちょぼちょぼと議席を確保したようですが……国民新党のアルベルト・フジモリ氏が落選したのは良かったです。あんな立場の人間が、日本の国会議員になんてなったらたまったもんじゃありませんからね(候補として擁立した国民新党は国賊だと思いましたよ。あの人が本当に参議院議員になったら、南米各国政府との交渉の矢面に立つ覚悟はあったんでしょうね?国民新党さんよ)。あと、最終投票率は58.64%と前回(56.57%)こそ上回ったものの……たいしたことない数字ですな。それでも民主躍進って事は、自民党の集票組織が相当崩れてしまっているんでしょう。
 このような結果となった以上、国民の審判は「安倍政権不信任」といって良いところなんですが、安倍首相は昨日の早い段階から続投を明言し、自民党上層部も続投で一致しているようです。まぁ、「今辞めてどうする」「今辞められても困る」とか、自民党としてもいろいろあるんでしょうが……私としては、民主党勝利→安倍退陣→麻生内閣発足というシナリオが理想だったんですけどね。そうはならんようですな。
 今回、私・Bleumerは安倍内閣を「不信任」に値すると判断し、民主党に票を投じました。今日はその「不信任」とした理由を書いてみます(※ちなみに、私は特に支持政党はなく、日本の国政は「政権交代可能な二大政党政治」になってほしいと考えている者です。また、保守的ではありますが右翼的思想は嫌いで、最近の社会の右傾化は危険だと思ってます)。
×理由その1:言うこととやることが違いすぎる
 安倍晋三という人は、タカ派として鳴らしてきた人です。だから、小泉前総理以上かせめてそれと同じ程度には“改革派”としてビシバシやるんじゃないかという期待を国民は持ったはずです(私は「美しい国へ」を読んでしまったので期待してなかった……どころか予想通り迷走しちゃったのでニヤニヤしてましたけどね)。
 でも、結果は散々でした。タカ派らしい成果といえば、憲法改正に伴う国民投票法の成立と朝鮮総連本部への警察権力介入を認めたことぐらいですか。あとは前言撤回のオンパレード。それに、あれほど「もの言う外交」とか言っておきながら、温家宝首相の来日時などは「裏では中国に今まで以上の“土下座”してるんじゃないのか!」と思えましたし。最も期待された拉致問題解決なんて、拉致被害者の会と面談して泣いて見せた他は実質的に何にもしてないですしね(六カ国協議では日本国自体が無視される状況を自ら作ってしまった)。
 「不言実行」が美徳とされる国で「有言不実行」というのは悪い評価しか得られないんですよ。
×理由その2:政治的能力なし、統率力なし
 今回の選挙では「年金が争点」とばかり言われましたが、有権者の不安を最も煽ったのは選挙直前の「住民税倍増」だったと私は思います。「あんなことを黙ってやって平気な政権に任せて大丈夫なのか?」ってのは大きかったと思いますよ。この大事な選挙の直前に国民に納税通知が届くわけですから、安倍政権は前もって何らかの政治的対処をしておけば良かったのです(例えば、直前に突然、国民に説明するための単独会見開くとか)。なのに、何もしなかった。料理でいうところの「ひと手間かける」みたいな工夫が、安倍政権には全くないですな。ありとあらゆる点でそうだから、強行採決とかしかできなくなってしまうんですよ。安倍首相には政治的な発想力、運営能力が欠けてます。政権内にそこをサポートできる人もいないんでしょうね。
 その上、自らの内閣の大臣たちに対する処遇は、どう見ても「統率力ないな」という印象を国民に与えますよ。内閣総理大臣というのは各大臣の任命権者であると同時に罷免権者でもあります。「法に触れるようなことをした、大臣として許されない発言をした」大臣がいたなら、リーダーたる総理大臣としては即罷免すべきだったのです。なのに、安倍首相は庇うにしても中途半端だし、辞めさせる際は自発的に辞表を提出させて体裁を保つという“いかにも永田町”な対応しかせず、ハッキリしませんでした。結果、問題を起こした大臣の1人には自殺までされてしまいましたし、その後任はもっと情けない人なのに選挙期間中見てるだけ。私なら、選挙期間中にあんな無様な姿を晒し続けた現農水相(あれも投票行動に影響したと思いますよ)はヒステリーとか何とか言われようが今日中に更迭、明日には罷免しますね。自民党幹部は総辞職なのに、9月予定の内閣改造まであの人は表舞台に立たせるつもりなんですか?信じられません。
×理由その3:アメリカ政府から全く信用されていない
 「不信任」の最大の理由がこれです。アメリカ合衆国とは安保条約もありますし、最も関係を重視しなければならない国であることはどうしようもない事実です。その米政府が安倍首相を信用しない表向きの理由は「アベはナショナリストだ」ってことですが、実際は著書「美しい国へ」で資質に疑問符がついたからじゃないでしょうか?あれの第一章を読めば、「こいつは器が小さいな」って思いますからね。それに、久間氏の米政府に対する問題発言の時は2度も庇ったのに、米寄りの原爆発言をしたら切り捨てましたから、余計に心証を悪くしたように思えます。親日的な共和党政権ですらこの有り様では、来年誕生が予想される米・民主党政権では安倍首相じゃ相手にもしてもらえなくなるでしょう。ことにヒラリー・クリントン上院議員が大統領になった日には、安倍政権下の日本なんて完全に無視でしょうな。だから、現政権内じゃまだ信用されてそうな麻生外務大臣に首相になってもらいたかったんですが……それもないのかな。
 
 とまあ、個人的にはこんなところで、採点すれば100点満点中40点前後。安倍政権は十分“落第”と判断したんです。つまり「不信任」ですね。ん?今回最大の争点となった「年金」はどうした?それについては次回とします。 

投開票日

 今日は、参議院議員選挙の投開票日です。私は期日前投票で投票済みですので投票所には行ってないわけですが、今日の有権者の投票行動ってのはどんな感じだったんですかね。投票率が前回より上がってればいいんですけど。
 で、今、NHKの開票速報を見ているわけですが、民主党の圧勝みたいですな。私も地方・比例共に民主党候補に投票したんですけど……ちょっと勝ち過ぎかな。本当に自民党は国民(有権者)の信頼を失ってるんですね。
 今回の選挙、国政選挙だけあって長期間の選挙運動期間があったわけですが、各党の政策論争なんざ無いに等しく、互いの罵り合いに終始したように思います。大勝した民主党だって、素晴らしい政策を提案したわけではありませんでしたしね。正直、ガッカリですよ。
 いろいろ考えさせられる選挙でした。私が投票する上で考慮した安倍政権についての採点とか、いろんなことは明日以降に書くこととします(まーた長文かなw)。 

機動警察パトレイバー 劇場版 Blu-ray Disc版

  最近、手持ちのゲームやDVDソフトを売りまくってます。ソフマップでまとめ売り買取キャンペーンをやってるんで、それに便乗してるんです。で、余裕が生じた資金を使って予約購入したのが、今回紹介する「機動警察パトレイバー 劇場版 Blu-ray Disc版」っす。アニメ作品の大多数の版権を有するバンダイビジュアルの次世代メディア第一弾作品(あとは、「王立宇宙軍 オネアミスの翼」。予定されていた「AKIRA」は延期されたみたいです)で、今週ついに発売になった物ですよ。
パトレイバー_1 
 「機動警察パトレイバー 劇場版」は押井守監督の作品で、1989年夏公開だからもう18年も前の作品になるんですな。多足歩行式大型マニピュレーター:レイバーと呼ばれる産業ロボットが大量生産されている東京(1980年代後半って感じ)での、対レイバー犯罪の警察組織・特車二課の活躍を描くってのが「機動警察パトレイバー」なんですが……劇場版はちょっと毛色が違ってまして、かなーり複雑でシリアスなドラマが進行していきます。これがまた素晴らしく、シリアスという点では「劇場版2(1993年夏公開)が最高っす。今回の「1」は、特車二課の活躍がちゃんと描かれるので、三部作の中では最も原作に近い雰囲気ですね(「3」なんて特車二課は部外者ですからw)。
 「機動警察パトレイバー 劇場版1&2」は個人的に大好きな作品なため、もう何度も何度も見ています。で、今回Blu-ray Disc版を改めて見たわけですが……やっぱり面白いですな。こういう、脚本がガチっと決まった作品は何度見ても面白いです。ハーフHDのREGZA 26C3000で見たので画質についてあれこれ言うほどの環境じゃないんですが……線の出方とか、とにかく精細感が凄まじかったです。生まれて初めての映像Blu-ray Discソフト観賞でしたけど、確かに次世代メディア+HDモニターの画質はDVD(アプコン含む)レベルとは全く違うものですね。でも、逆に細かすぎてマスターフィルムに付着してるホコリやフィルム特有の粒状感までキッチリ再現されちゃって、「アラが目立ちすぎるなぁ」とも思いました。Blu-ray Discだから音も凄いはずなんですが、それはショボすぎるREGZAの内蔵スピーカーで聴いてしまったので評価できません。しっかりしたサラウンド再生環境があれば、さぞ凄いんでしょう。個人的評価としては「これだけの内容なら定価7800円でも高くない!」ってところですかね。
 だがしかし、「機動警察パトレイバー 劇場版 Blu-ray Disc版」の定価は10290円もするのでした。理由は、Blu-ray Disc版と同じHDマスターから再製作されたDVD版が同梱されているから。……いいんですかね、こういう売り方?確か“抱き合わせ販売”って禁止されてたよーな気がするんだけど、これは該当しないんですかね?まだ、DVD版の方は見てないんですけど……容量を見ると、今まで販売されていたものと同じ6.5GBほどとの表示。しかも、5.1ch化に伴い再録音された日本語音声と英語版音声のみ収録で、公開当時の音声を記録するとかの特典もない(容量は十分過ぎるほど空いているのに)。この同梱DVD版に、私は3000円の価値を見い出すことはできないです。というわけで、今回のソフトは「高すぎ」としか言いようがありません。「初次世代メディア作品ということでのご祝儀感覚」と「資金的な余裕」がなかったら、まず買わなかったでしょうな。
 「パトレイバー」ファンは既にDVD版をコレクションしてると思うんですよね。私は諸事情で「1」を購入してませんでしたけど、私が最も好きな「2」は数年前に発売された限定版(下の写真。284ページもある絵コンテが付属している!)を購入しているんです。
パトレイバー_2
だから、「2」のBlu-ray Disc版は買う気が全く起こりません。DVDが2枚になってしまいますからね。ホント、こういう商売はやめてほしいです。「2」をBlu-ray Discの高画質で見てみたいとは思うのですが……まぁこちらはBlu-ray Disc単品版が発売されるのを 待つとしますよ。 

ルパン三世の新作

  今日の金曜ロードショーは「ルパン三世」の新作(「霧のエリューシヴ」)と知り、急いで帰ってきました。
 いやはや、“ルパン三世生誕40周年”なんですか。長いなぁ。
 ルパン三世といえば(中の人が)山田康雄氏だったのですが、12年前にお亡くなりになってしまい、本当なら新作映像はあそこで止まるはずだったんですよね。それを、ものまね芸人の栗田貫一氏をルパン三世役に起用することで、イメージをそれほど崩すことなく今までやってこれたというのはホント奇跡に近いと思います。しかも、今では周囲の大ベテラン声優さんたちに負けない“栗田ルパン”が確立してますからな。たいしたもんですよ。
 新作ルパンはもうずっと「金曜ロードショーで2時間スペシャル」という形で放映され、話の展開は完全なマンネリなため「これは面白い!」ってのはずっとなかったように思いますけど、見ててチャンネルを変えてしまうほどにヒドイ作りだったこともまたないという、とってもビミョーなバランスの上に成り立ってる作品群なんですよね~。
 さて、今回の新作はどうなのか?ちょっとだけでいいから、面白いといいかな。自室のレグザ君でじっくり見ることにしますよ。

1stガンダム劇場版、再DVD化

  「機動戦士ガンダム 劇場版 特別版」……1stガンダム劇場版3部作の初DVD化作品で(2000年発売)、富野由悠季総監督自身の手により音声部分が丸ごと差し替えられてしまった、いわば“悲劇”の作品です。
 とにかく、音がすべてオリジナルと違う。モノラル音声だったオリジナルに対し、「DVDなんだから5.1chサラウンド化する」との大義名分の下、ザクの機動音も、ガンダムのビームライフルの発射音も変えられてしまいました。声優さんたちも再度結集し……って思ったら、マ・クベ役の塩沢兼人氏が既に亡くなっており不可能だったからって逆に大ナタが振るわれ、脇役は次々に声優が差し替えられてしまい……いくら富野総監督自身がやったからって「これは許されないだろ」と発売当初に思ったものです。オリジナルを全て劇場で観て、VHSソフトも買い、LD版も買って音の配置を完全に覚え込んでしまった私にとっては、「オリジナル音声に対する冒涜」以外の何者でもなかったのです(それでも数年後には特別版3本を揃えてしまいました。しかし、実際に家で観たら、マジで最高度に落ち込みましたよ。BGMの神懸かり的な挿入タイミングでさえも、全部変更になってたのにはホント絶望しましたねぇ。映像作品でも、音ってとっても大事なんですな)。
 そんな「機動戦士ガンダム 劇場版3部作」が、音をオリジナルのモノラル音声版に戻し、新たにフィルムからHDマスタリングした映像で再DVD化されるとの情報が!<公式商品詳細ページ>。
 うおおーっ、待ってたんですよ、オリジナルを完全再現した1st劇場版3部作のDVDを!!
 どーせならBlu-ray DiskとかのHDマスタリングをそのまま活かす新フォーマットで出してくれても良かったんじゃないかとも思うのですが、まぁ、そこは良しとしましょう。とにかく、今回だけは、受け付け始まったら即予約っすよ!12月の発売が楽しみです。

通過点

 当スペースを開設してもうすぐ1年なんですが、ここのページビュー数が10000を超えました。おおっ、10000かぁ……結構な数じゃないですか。とはいえ、“有名ブログ”なんてところだと、たったの1日でそれくらいのアクセスがあるそうでw。そう考えると、全然たいしたことない数字ですな。ただの“通過点”ってところなのか。
 それに、当スペースの読み手の傾向を閲覧履歴に見ると、検索エンジンで引っかかった記事だけを見てそのまま終了ってパターンが多いっす(記事にその2その3がある場合でも、そちらまで閲覧した形跡がない)。さらに、「どうしてこのキーワードでうちがヒットするのかわからん」ケースも多いです。ということは、当スペースの記事は結局のところ「あまり読み手の役に立ってない」ってことでしょうか。定期読者なんてXbox LIVEでのフレンドさん若干名ぐらいしかいそうにないし(もし他にもいらしゃったら、申し訳ございません)……“有名ブログ”への道は果てしなく遠そうですなぁw。
 で、そんな“有名ブログ”を通り越して世の中に大きな影響を与えるまでになったブロガーのことを、「アルファブロガー」というみたいなんですが、そういう方々の書くブログというものがどんなものなのか見て回ったこともあります(まぁ、私でも「どうやったら人気が出るのか」とか考えることもあるのです)。でも、私的にはそういうブログの文章を「これは確かに面白いなー」と思えたことがないんですよね。簡潔な文章でカッコ書きの注釈や毒を含んだ文などは皆無、字も大きくとても読みやすいんですけど、差し障りのないことだけ書いてあって、どこまで読んでもサラサラサラ~っと字が流れていくだけって感じのが多かったっす。世間一般にはああいう文章がいいのかもしれないけど、私がああいう文章書くのはちょっとムリっぽいです。私の性格に合ってないもんなー。
 となれば、マイナー路線で行くしかないですな。内容に一貫性もないし、これといった特徴もない。それに、「物事には必ず良いところと悪いところがあって、それらをちゃんと書けば必然的に長い文章になってしまうし、そうなってしまうのも仕方のないこと」というのが私のポリシーですから、ブログの記事としては必要以上の長文を書いてしまって、一般的な読み手の気力を削ぐばかりでしょうし。とてもメジャーなブログにはなれないでしょう。
 ま、それでも今後も読み手の傾向にとらわれることなく、つらつらと詮無きことを私なりに書き綴っていく所存です。私は世に認めてもらいたいとかって感情が極めて希薄だし、広告料やアフィリエイト目当てで書いてるわけじゃないんでアクセス数稼ぐ必要もないですから。マイナーな方が内容的に自由に書けたりもしますしね。