アルター2連発 ~その2

 「2連発」ということはアルター製フィギュアがもう1体届いたってことですな。
 というわけで、届きましたよ、アルター・1/8「エル・カザド ナディ」
ナディ_1 ナディ_2
 「エル・カザド」って何ぞや?と思う人も多いかと思うのですが……私も知りませんw。検索してみたところ、去年放送してたTVアニメみたいですな。ナディというキャラクターは主人公格で、一匹狼の賞金稼ぎとか。西部劇っぽくって結構面白そうな作品じゃないですか。テレビ東京系列のアニメはほとんど映らない土地に住んでるものですから(くそ~、テレビ大阪さえ映ればぁぁぁ)、ノーチェックなんですよねぇ。「創聖のアクエリオン」といい、知ってれば見てただろうになぁ。残念。
 過ぎ去ったことを言っても始まらないので、フィギュアを見ますと……これは凄いです。だって、付属の台に足どころか身体のどの部分も接していないんですもの(=宙に浮いています。また、付属のスタンドとは金属棒で固定されますので、飾るときはしっかり安定します)。こんなフィギュアはうちでは初めてですな。でもって、おそらくは横っ飛びしながら銃を発射しているポージング……スゲーの一言です。こんな全身に躍動感のあるフィギュアも初めてです。彼女が持っている拳銃:コルト・ガバメント(45口径の前アメリカ軍正式採用拳銃。銭形警部もずっと愛用)も、ハンマーが起こされている(※ガバメントはシングルアクションのため、ハンマーが起きた状態でないとトリガーを引いても弾は発射されない)などきっちり作り込まれているので、実にカッコいいっす。
 で、羽織っている白いマントは着脱式でして、これを脱ぐとさらに凄いことに。
ナディ_3
ナディ_4
ナディ_5
「こんなに肌を晒した若い娘の賞金稼ぎなんて、いていいのか?」という野暮なツッコミの1つもしてみたくなるほどの、ナイスバディですなー。造形的に特筆すべき点はないんですけど、キレイにまとまっているので欠点もなし。何よりポージングが素晴らしいので、もうそれだけで十二分ですな。完成度は実に高いと思います。去年の「沢近愛理」同様、いきなり私的本年最高傑作フィギュアになるかもしれません。
 いやー、アルターさんは本当に良い仕事をしてくれます。1/8サイズで「これは!」と思うのはアルターさんのが多いですね。今後も素晴らしい作品をお願いしますよ。
広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。