ニコンも発表

 昨日、ニコンが新型デジタルカメラを発表しました。
 予想通りというかなんというか、デジタル一眼レフではD40xのマイナーチェンジ機を「D60」メーカーページ>として出してくるみたいですな。前にどっかのメーカーから“○○○ D60”ってカメラが出てたよーな気もしますが、それはいいのかなw。何にせよ、D40xにダストリダクションをつけて画像処理システムを更新した程度ですから、「D60」は個人的にはあんまり魅力的とはいえませんね(これならD40の方がいいと思います)。
 だがしかし、これで終わらないのが最近のニコン。カメラ本体でサプライズはなくとも、レンズでびっくりっすよ。
 ニコンは今回標準ズームレンズとして、D60のキットレンズとなる「AF-S DX NIKKOR 18-55mm F3.5-5.6 G VR」に加え、「AF-S DX NIKKOR 16-85mm F3.5-5.6 G ED VR」<メーカーページ>を発表してきました。これは、おそらく名キットレンズ「AF-S DX Zoom Nikkor ED 18-70mm F3.5-4.5G」の後継となるレンズだと思います。ちょいとテレ側が暗くなりましたが、ワイド側16mm&テレ側85mmと焦点距離が伸び、かつ手ブレ防止機構“VR Ⅱ”を搭載ですか。もちろん写り次第ではありますが、なかなかやってくれますなニコンさん。これがキットレンズになれば、ミドルクラス以上の機種の魅力がアップするでしょう。ただ……値段が99750円ってのはちょっと高すぎるぞ(ちなみに、ヨドバシ価格は79800円)。どういう扱いになるんでしょうな、このレンズ。
 さらに、特殊なシフトレンズ「PC-E NIKKOR 24mm F3.5 D ED」と共に、マイクロ(マクロ)レンズ「AF-S Micro NIKKOR 60mm F2.8 G ED」<メーカーページ>発売が発表されました。うちで大活躍中の「Ai AF Micro Nikkor 60mm F2.8 D」に代わるレンズでして、超音波モーターにEDレンズにナノクリスタルコートに9枚羽根円形絞りですか。うひょー、こりゃすげぇ。恐ろしいまでの切れ味を誇る先代を超えられるか、実に楽しみなレンズです。ただ、こちらも値段87150円って……高いっす(ヨドバシ価格は69700円)。これじゃ今すぐ買い替えって訳にもいきませんな。しばらくは様子見ですわ。
 新技術でもって今までのレンズがリニューアルされるのは嬉しいんですけど……値段も相当高くなるってのはちょいと困りもんですな。50mm標準レンズがAF-Sにリニューアルされたら即買おうと思ってはいるんですけど、実際に買うとなったらよーく考えないといけないかもしれません。 
 
 あと、今日になってソニーが35mmフルサイズながら有効2481万画素というCMOSセンサーを開発したと発表しました<公式ニュースリリース>。うーむ、これは……ウワサの「高画素版・D3」に搭載されるんですかねぇ?ま、「高画素版・D3」は出たとしても、私には到底買えない値段なんでしょうけどねw
広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。