my song

 まだ5月というのに、蒸し暑くて困ったもんです。
 というわけで、寝苦しさから早朝に目が覚めてしまったので、配布が開始された「アイドルマスター ライブフォーユー」の新曲DLC「my song」を落としてみました。で、朝の5時からABXYボタン連打っすよ、ええw
 とりあえずは、EASYでやってみました。すると、なんと一発フルコンボ達成!いやぁ、「こいつぁ、朝から調子いいや~」と思ったんですが……MEDIUMにした途端、パニックに。やっぱり、しっかり練習しないとダメなのねw。結局、早朝特訓はそのへんであきらめて、夜に帰宅してから特訓再開。結果、フルコンボ達成しましたよ!MEDIUMでフルコンボできる楽曲はまだ少ないので、嬉しかったっす。ついでに、スコアアップすべく他の曲もいくつか頑張ってみました。久々にやってみると、なかなか楽しいですね(某OROCHIに疲れ切っていたもんですから余計にw)。
 いやはや、今回の「my song」は落ち着いたテンポで歌詞も良く、とてもいい歌ですな。アイマスでこういう歌を聴けるとは思いもし(以下自粛)。3人ユニットとかで歌うのとソロで歌うのとで全くイメージが変わるし、演出もいろいろと凝ったことができそうで、あれこれ試したくなる点でも良い曲だと思います。
 ただ……1200マイクロソフトポイント(1800円ぐらい)ってのは、いくらなんでも高すぎじゃないですかねぇ、バンナムさん。なーんか、楽曲データはゲームディスクの中に入ってたみたいですし(ダウンロードが一瞬で終わるし、ハードディスクの容量も減らないんすよ)、そのデータの解除キーがLiveアーケードのゲーム2、3本分の値段ってのは、いくら良い曲だからっていってもいただけないです。できれば600ポイント、せめて800ポイントぐらいにはならないですかね?それぐらいなら迷(?)曲「Do-Dai」も買ってもいいんですけど。
広告

F1 2008 モナコGP

 昨日、伝統の一戦・F1 モナコGP決勝が行われました。
 モナコといえば市街地コースでして、通常は一般道なところを走るため、路面のミューは低いわバンピーだわコース幅は極狭な上に端っこは即ガードレールだわと、間違ってもF1マシンで走るような所ではありません。しかし、そこをアクセル&ブレーキ全開で駆け抜けていく……それがモナコGPなんですな。だから、ここで完走するだけでも大変なことですし(3Dゲームなどで走ってみればわかります。ここをレーシングスピードで走りきるのはゲームですら大変ですよ)、ましてやここで優勝するってことはF1ドライバーとして特別な意味を持ちます。
 さらに、レギュレーション変更で今年からトラクションコントロールが禁止されたため、モナコのコースでF1マシンをコントロールすることがより厳しくなりました。実際、一昨日の予選の映像も見たんですけど、去年までと違って各マシンともコーナーでの挙動がもの凄く不安定。フェラーリやマクラーレンのマシンでさえパワースライド当たり前、どのクルマもフラフラっすよ。中にはコーナー出口でドリフト状態になるマシンもあったりしましたが……それでもクラッシュせずに何とかしてしまうF1ドライバーってのは本当に天才なんだと思いましたね。あそこにいる連中というのは、誰であれ本当に凄い人たちなんですな。
 で、決勝は追い打ちをかけるが如く、ウェットコンディション。予報が雨だったので各チームとも想定はしていたはずですが、やっぱり荒れた展開になりました。が、途中からドライに変わったせいか、個人的に予想していたほどの“大荒れ”とはならず、14台が完走しました(11年前の雨のモナコは、たしか完走6台とかの大荒れだったんすよ)。優勝はマクラーレンのハミルトン。彼はレースが荒れると強いですなw。そして、中嶋一貴が7位入賞を果たしました。モナコGPでの日本人入賞は史上初とか(今まで一度もなかったとは……)。モナコGP初出場で完走、入賞、しかも史上初とはね。ホントたいしたもんです。
 TV中継も、モナコだと“セレブな特別ゲスト”とかいって場違いな芸能人が呼ばれてたりしてましたけど、今年はそれもなく(近藤真彦氏はいましたが)、落ち着いた中継で良かったっす。いいもの見せてもらいました。

「真・遠呂智」降臨

 ついに……ついに、やりましたよ。「真・遠呂智」さん、降臨ですよ!
真・遠呂智
 長かった。本当に長かったっす。「真・遠呂智」解禁の条件はドラマティックモードの全ステージをクリア(難易度“易しい”で可)だったんですが……このドラマティックモードのステージ全解禁がなかなかされなかったために、こうも時間がかかったんです。その最後のステージ解禁条件は「全キャラクターの平均熟練度が30を超えること」。正直、メチャクチャな解除条件だと思います。
 だって、この条件をクリアするまでに、
・使える全キャラクター(91人)が4武器装備
・使える全キャラクター(91人)が“天舞”装備
・使える全キャラクター(91人)のレベルが99(max)
・ストーリーモードを、全ステージ全難易度でクリア
・ドラマティックモードも、ほとんどのステージを全難易度でクリア
してしまったんですから。
 それからさらに各キャラの熟練度を高めるためだけに延々とプレイし続けて、やっと解除ですよ。いかにやり込み要素だといっても、「平均熟練度20」程度で充分だったんじゃないですかねぇ?ちょっと「許せない」級ですな、今回の条件設定は。
 結局「真・遠呂智」解禁まででほとんどやり尽くしてしまい、残りのやり込み要素はほんの少しとなったので、今日すべてクリアしてしまいました。ええ、「特別壁紙3枚目」解禁で一件落着っす。はぁ……全精力を「無双OROCHI 魔王再臨」につぎ込んでましたから、マジで疲れました。明日はゆっくりしようw。
 
 というわけで、来週からはやっと「モンスターハンター ポータブル2G」を始められそうです。購入日以来一切手つかずでして、まだ狩猟体験してみただけでしたから……ま、攻略ムック片手に頑張ってみますよ。

カメラグランプリ2008

 今年のカメラグランプリの大賞が、ニコンD3に決まったようです<公式発表ページ>。
 まぁ、昨年度に発売されたカメラの中で一番衝撃的なカメラがD3なのは間違いないでしょうから、「当然の結果」というべきでしょうか。
 また、次点はニコンD300だったようで。個人的にはオリンパスE-3の方が衝撃度は高かったんですけど、カメラとしての完成度はD300の方が上なんですかねぇ。「デジタル一眼レフはニコン党」な私としては、ニコンのワンツーフィニッシュというのは気分がいいですけど。
 で、そのD300の売価が、ここのところ順調に下がってきています。ボディのみだと量販店でも20万円を切るのが普通になってきました。いよいよ私でも手が届くところへ下がってきましたよ(ちなみに、D3も下がってきていて、ボディのみで50万円を切り始めました。とはいえ、フルサイズ対応レンズのことも考えると、私の手は全く届きませんけどねw)。D300を買うなら、予想通り夏ボーナス前あたりが狙い目ですかな。
 ただ、D300は、D200の時みたいに「これだ!」ってのがないんですよね。たしかにD300はD200から相当進化しているようなんですけど、連写しないし高感度もさほど重視しない私の使い方からすると「何が何でも買い替え」ってほどの魅力は感じません。それに、D300からは「ニコン開発陣の気迫」みたいなものがあまり感じられないのもちょっとね。「気迫」はD3開発に取られちゃったみたいで……おかげで、D3には強く惹かれるんですけど、D300にはあまり惹かれません。D200で特段困ってないし、D200を売り飛ばすつもりもないしで、D300購入計画は発動には至らないかもしれませんな。
 あと、ニコンはおそらく今年中にはD80の後継機を発表してくると思われます。個人的には、それも気になってるんですよねぇ(視野率100%ファインダーを装備してきたら、クラクラっとしてしまうかもw)。D300購入はそのスペックが発表されてからでも全然困らないですし(D300がもっと安くなるかもしれないw)、ま、ゆっくり考えたいと思います。

また延期

 4月発売予定だったのが今月末発売予定に変更になった予約注文、さらに「来月に延期」とのメールが来てしまいました。
 うーむ……その予約したものってのを作ってるのは中国なんですが、今回の延期は四川省で起きた大地震の影響なんですかねぇ?なら仕方ないですけど、関係ないとしたらスケジューリングをもう少し厳格にしてもらいたいなぁ。「納期を2ヶ月も3ヶ月もオーバーしても平気」なんてのは、やっぱりおかしいですよ。
 
 それにしても、四川省やその周辺は大変なことになっているみたいですね。中国に対して個人的に良い感情は持っていないのですけど、被災された方々には深い哀悼の意を表したいと思います。同時に、被災地の復興がいち早く成し遂げられることをお祈りします。

ファースト・アタック

 「マクロス Frontier」の第7話「ファースト・アタック」が放送されたわけですが、
 最高っす。いや、もう、7話にして既に最高ですよ!
 あんまり書くとネタバレになってしまうので細かくは書きませんけど、オズマ率いるSMS部隊の激闘がシェリルのコンサート楽曲とシンクロして展開、VF-25が高速機動で変形しまくってミサイル撃ちまくって、ちょっくら大きい変形メカが登場してドカーン、さらに大きいのも登場して大砲ぶっ放して(なんか某アクエリオンみたいな感じがしたw)……いやぁ、これぞマクロス!たまりません。
 「マクロス Frontier」は、「超時空要塞マクロス」の正統かつ現代的な続編って感じがします。だから、私のように初代マクロスをライブで見てた人間にとっては、たまらないもんがありますよ。「マクロス7」はマックスとミリアがいながらアサッテの方向にいってしまってましたから……余計に嬉しいですね。
 今後も期待して見ていこうと思います。

ついにPSPの時代が!?

 なーんか、PSPが最近すごいみたいですな。
 3月4月と2ヶ月連続でPSPがDSを販売台数で上回ったとか。しかも、エンターブレイン調べのデータによれば4月の販売台数はDSが16万9千台だったのに対し、PSPは38万台とか。ダブルスコア以上の大差じゃないですか。こりゃ、たしかにすごい。
 この勢いは、カプコンのPSPソフト「モンスターハンター ポータブル2G」のおかげなようで。この「モンスターハンター ポータブル2G」、3月27日発売にして、すでに国内販売本数200万本超えとは……まさに“キラーソフト”って感じです。PSPで200万本ともなれば、ハードの販売も牽引するでしょうね。
 というわけで、私も買ってみましたよ、その「モンスターハンター ポータブル2G」を。
モンハン_1
 一応ゲーマーの端くれなんで「モンスターハンター」の名前くらいは知っていたんですけど、私は「モンハン」シリーズをやったことがありません。そこで、エンターブレインが出している「ルーキーズガイド」って攻略ムックもついでに購入しました。
モンハン_2
1890円と高いんですけど、結構分厚くて重い本です(223ページ)。情報がわんさと載ってます。でも、未経験者なので情報の意味はよくわからんのですけどねw。役に立つのかどうかは……これから検証ですな。
 買ってきたばかりなのと、“ド”がつく新米ハンターですから、まだ導入部分しかプレイできていませんけど……このゲーム、クエスト以外にもあれやこれやとやることがたくさんあるようですね。こういうのを1つ1つ覚え積み重ねて自分の分身を強くしていくってのが、ハマる要素なのかもしれません(やること多すぎな気もしますけど……この辺が海外でウケない理由か?)。出遅れもいいところですけど、誰かに追いつかないといけないわけでなし、ま、焦ることなくじっくりとやってみようと思います。
 
 ああ、その前に「無双OROCHI 魔王再臨」を何とかしないとなぁ。無双シリーズの作品としてはかつてないほどやり込んでいるのですが、まだまだ「真・遠呂智」解禁は遠そう。はぁぁ……もうそろそろ解放してくれないかなぁ。