マクロス ゼロ Blu-ray Disc BOX

 マクロスシリーズ最新作「マクロス Frontier」は終盤に入ってますが、そのエピソードに深く関わっている作品があります。「マクロス ゼロ」。2002年12月から発売開始されたOVAシリーズで、初代「マクロス」の前、“統合戦争”時代……2008年9月頃の地球が舞台です(まさに、今ですなw)。
 マクロスシリーズ作品はほとんど見ているのですが、この「マクロス ゼロ」は未見だったりします。発売当時評判が今ひとつだったのと、どうも主役メカ・VF-0(VF-1 バルキリーの先行実験機。現行機と同じジェットエンジン搭載!)のデザインが好きになれなくて結局見ず終いになっちゃってたわけですけど……「マクロス Frontier」で「ドクター・マオ(「マクロス ゼロ」のヒロインの1人、マオ・ノームのこと)がうんたらかんたら」とか言われちゃうと、見るしかないっすよ!(※ファンとしては、です。一般的には、見てなくても問題なさそうな雰囲気ですなw)。
 というわけで、その「マクロス ゼロ」全5話をまとめたBlu-ray Disc BOXが発売されたので、予約買いしてみました。「Blu-rayのBOX」というと高価そうですけど、実売1万円台だったりするので、もう、さくっと予約ですよw
マクロスゼロBD
 知らなかったんですけど、「マクロス ゼロ」はもともとハイビジョンフォーマットで制作されたとのことで、このBlu-ray Disc BOXもしっかり1080pで収録されています。画質は……なんつうか、私には「きれい」としか言えないです。以前紹介した「劇場版パトレイバー」はレンタルのVHSを見て、DVDを見て、という過程を経てきたので「(それらと比べて)とんでもなく高精細」という印象を持ちましたけど、私はSD収録の「マクロス ゼロ」を見てないこともあって「ここがすげー」「あれが違うぜ」みたいな点が見つけられませんでした。ゴミとかの写り込みもなく、とにかくノイズがなくて「きれい」という一言に尽きますね。音質は……レグザ君のショボいスピーカーで聴いたので、今回も評価できませんw。というわけで、省略。
 内容的には、「巷で言われてるほど、悪くないかな」って思いました。たしかにツッコミどころはあちこちありますけど(「フォッカー別人だろ、これ」とかw)……期待しなければそれなりに楽しめると思います。戦闘シーンは板野一郎氏のいわゆる“板野サーカス”炸裂で、大興奮できますし。ただ、問題は結末でして……ここは巷で言われてるとおり、「どーなったのか、わかんねー」って感じです。ホント、シンとサラはどーなったんですかねぇ?
 値段も比較的安く、DVDだと5枚になるところ、このBlu-ray Disc BOXなら2枚で済みますから省スペースでもあります。Blu-ray再生環境があって「マクロス ゼロ」という作品に興味がある方なら、買っても損はないんじゃないかなと思いました。
広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。