ガリアン・ワールド!

 アニソンCD、というか、おそらくは全てのCD盤の中でも屈指のプレミアムがついていた“幻のCD”が、「機甲界ガリアン」の音楽集です。内容は1984年10月から放送されたTVアニメ「機甲界ガリアン」のテーマソングやBGMを集めたものでして、Vol.1とVol.2に分かれており、LP盤(アナログ録音のレコード盤っすよ)で発売されました。CD版は1985年に発売になったようですが、以後再販されることがなかったために“幻”になってしまったというわけです。
その“幻のCD”が、なんと復刻されることになり、予約してたのがうちにも届きましたよ。「PANZER WORLD ガリアン音楽集 Vol.1」「PANZER WORLD ガリアン音楽集 Vol.2」
ガリアンCD_1 ガリアンCD_3
 いやはや、「権利関係がややこしすぎて復刻不可能」といわれていたのにどうやって復刻にこぎつけたのかよくわかりません。この復刻版を発売したのはディスクユニオンという会社でして<公式サイト>、CDには「資料提供:株式会社ワーナーミュージック・ジャパン 販売元:株式会社ディスクユニオン サンライズ」と表記されてます。ディスクユニオンって会社がどういう会社なのかわからんのですけど……大手レーベルじゃないからこそ発売できたってところなんですかねぇ?まぁ、何はともあれ、こうして現にうちにもCD盤がやってきたわけです。ホント、ありがたいことですよ。
ガリアンCD_2 ガリアンCD_4
ケース裏面はこんな感じ。曲目表記が「SIDE A/SIDE B」「SIDE・1/SIDE・2」に分けられているあたりに時代を感じます(※LP盤は表裏に記録面があって、長時間録音では分割記録されていた)。
ガリアンCD_5
復刻版ではこの写真のように紙製のスリーブが付属しています。オリジナル盤にはこういうものはなかったようです。
で、“幻”の音を聴いてみましたけど、懐かしい「ガリアン」のBGMが入ってました。冬木透氏作曲のこれらの曲も素晴らしいのですが、「ガリアン」といえば何といってもオープニングの「ガリアン・ワールド」とエンディングの「星の1秒」っすよ!歌うのはEUROX。この2曲は、ロボットアニメのテーマソングとして本当に珠玉の曲だと思います。この2曲を6000円出せばCD音源でいつでもじっくり聴けるというのは、ついこの間まで“夢のまた夢”だったわけで……感動です(ビクターあたりに最新技術でのリマスタリングをしてもらえればベストだったかと思うのですが……音質もそう悪いものではないし、贅沢言ってはいけませんなw)。
以前、「LA・ROSE・ROUGE」(「蒼き流星SPTレイズナー」の後半ED)が手に入って嬉しかったってことを書いたことがありましたけど<記事はこちら>、今回の再販はそれ以上に嬉しいです。関係者の方々に、心より感謝しますよ。
広告

Best ベスト Best

 前に「マクロスF」のサントラを買ったと書きましたけど、最近いろいろありまして、他にも音楽CDをいくつか買ったりしてます。ここ何年かは経済的事情とかで「CDはレンタルで済ます」ってのがお決まりのパターンだったので、短期間に音楽CDをポンポンと買うのは久しぶりだったりします(ジャズのCDを集めてた頃以来ですね)。
 
○「名探偵コナン テーマ曲集3」
コナンベスト3
 長寿アニメ番組となった「名探偵コナン」のオープニングやエンディングを集めたアルバムですな。今回の「3」は2枚組・全25曲となってます。
 なんか、お亡くなりになってしまったZARDの曲がやたら多いように感じます(6曲収録)。まぁ、好き嫌いはあると思いますけど、シングル曲ばかり25曲も入って3200円なら、かなりお得なアルバムなんじゃないですかね。私は結構気に入りました。ちなみに、うちのiPod nanoにはコナンのテーマ曲を最新のを除き全部プレイリスト化して入れてありますw
○「ルパン・ザ・ベスト」
ルパンベスト
 こちらも長寿中の長寿アニメ番組「ルパン三世」の生誕40周年(!!)を記念して作られた主題歌集CDです。これも2枚組で、全30曲の豪華なアルバムですな。
 いやはや、“40周年記念”ともなると、歌い手もいろんな方がおられまして……“アニソン帝王”水木一郎さんがいたり、懐かしの河合奈保子がいたり(かわいかったよなぁ、この人)、はては三波春夫さんが「ルパン音頭」に「銭形マーチ」を歌っていたりと、まぁ、凄いです。
 私の子供時分がルパンの全盛期でしたから、あの軽快な「ルパン三世のテーマ」は耳に焼き付いてます。そのオリジナル曲をこうしてCDで聴けるというのは嬉しいですな。こういうCDが発売されたということは知ってたんですけどね……さっさと買っておけば良かった。
○「B’z The Best」
Bz_best
 とかく売れまくるバンド・B’zの20周年記念ベスト盤です。というか、B’zってベスト盤ばっかり出しているような気がするんですけど……ついに私も手を出してしまいました。ええ、赤い“ULTRA Pleasure”と青い“ULTRA Treasure”の両方買いましたとも。
 私にとってのB’zとは「BAD COMMUNICATION」「BLOWIN’」「F・E・A・R」の3曲に集約されると言っても過言ではないのですが……この3曲は揃ってオリジナルのシングルバージョンで収録されていないんすよねぇ。なんでなんだよ!(というわけで、うちのiPod nanoにはシングルバージョンに差し替えて入れてあります)
 しっかし、B’zってどうしてここまで売れるんですかねぇ?特別凄い曲だとは思わないんですが……不思議です。
 
 気分的にとてもつらい時に、勇気づけてくれたり、癒してくれたりと、音楽ってのは本当にありがたいもんですね。

リニューアル

 阪神タイガース、クライマックスシリーズ第1ステージで敗退ですか……今シーズンは一体何だったんでしょうかねぇ?首位を独走してたチームとはとても思えない結末ですなぁ。
 岡田監督が辞めてしまったとなると、現状維持はあり得ないわけですから、来シーズンは大変です。新監督でうまく歯車が回ればいいんですけど、戦力は高齢化してますし……“常勝阪神”は今年限りかもしれません。若手中心にチームをリニューアルしていかないといけませんな。
 
 リニューアルといえば、ヨドバシ.comが今朝からリニューアルしてますな。
 “通販野郎”な私はよく利用してるんですけど……なーんか、サイト全体が重いっすね。前から重めのサイトでしたが、これは重すぎじゃないか?どうせリニューアルするなら、デザインじゃなくて回線なり処理能力なりの増強をしてもらった方が良かったよーな気もします。
 というか、最近ソフマップ.comもやたら重い時があります。うむむ、もしかして、うちの回線の方に問題があるのかなぁ?

チャンバラ

 昨日、「鬼平犯科帳」の特番が放送されました。
 いやぁ、鬼平さんといい、脇役の面々といい、毎度毎度渋いですなぁ。ホント、みんなカッコいいっす(井出らっきょも久々に見れたしw)。
 
 で、今日のお題は「チャンバラ」なわけですが……時代劇には「殺陣」というチャンバラシーンがありますけど、チャンバラはチャンバラでも血みどろでエログロなチャンバラが今日のテーマ。そう、「お姉チャンバラ」っすよ(我ながら、強引な展開だw)。
 というわけで、届きましたよ。アルター・1/7「お姉チャンバラ vorteX 彩」
お姉_1 お姉_2
 アルターといえば1/8って感じなんですが、今回は一回り大きい1/7で出してきました。一回り大きくなっても、その細部の作り込みは健在っす。というか……今回の“お姉”は作り込みが徹底してます。
お姉_3
金ピカの帽子、ばらけた髪、ビキニの模様、腕輪、剣の鍔……なんですか、この恐ろしいまでの作り込みは。
お姉_4
当然ボディラインは美しいです。それに、白い狸のしっぽみたいなマフラーがまたものすげー作り込み。
お姉_5
背面も手抜かりなし。
 以前、1/8「関羽雲長」を紹介しましたけど<記事はこちら>、あれよりもさらに作り込んでありますな。迫力という点ではあっちの方が上かなとは思いますけど(存在感が凄すぎる)、この“お姉”も甲乙つけがたいほどに素晴らしいデキですよ。
 元ネタの「お姉チャンバラ vorteX」はXbox360のゲームで私もプレイしましたが、フルプライスなのにB級なデキで「欠点も目立つけど、面白い」みたいなゲームでしたけど……この彩のフィギュアはA級それも超A級だと思います。
 あー、同スケールでアンナも出してくれないかなぁ。並べて飾れたら最高なんだけどなぁ(キャストオフで下着姿にできたら、なお良しw)。

いろいろ届いてくれました ~その3

 届きものネタの最後は、やっぱりというか、フィギュアですw
 まずはこちら。グッドスマイルカンパニー「キャラクター・ボーカル・シリーズ01 1/8 初音ミク」
初音ミク_1 初音ミク_2
 ネット世界では超有名になったバーチャルアイドルさんですな。音楽的才能ゼロの私には残念ながら縁のない世界の人なんですけど……フィギュアは可愛いなら買いますよ、ええ、買いますとも。
 というわけで買いました。さすがは「初音ミク」というべきか予約分即完売続出でしたが、何とか予約できまして、先月届いてました。グッドスマイルカンパニー(通称:グッスマ)のフィギュアを買うのは実は初めてだったりしますけど……まぁ、グッスマ製品はかの“マックスファクトリー製品”とほぼ同義なので、デキは申し分なしです。ただ、髪が素晴らしすぎて、横幅がとんでもないことになってるのは困りもんですな(置き場所ねーよw)。
 
 もう一つ届いたのはこちら。海洋堂「フロイライン リボルテック 010 ヨーコ」
リボルテックヨーコ_1 リボルテックヨーコ_2
 未だに見たことのない「天元突破グレンラガン」のヒロインさんらしい人ですな。以前、和風堂玩具店版を紹介しましたけど<記事はこちら>、今回はリボルテック版。最近流行りの可動フィギュアですよ。
 実をいうと、海洋堂のフィギュア製品も買うのが初めてだったりします(海洋堂が作ったフィギュアなら以前買ったことがあるのですけど、海洋堂自身の製品としてのフィギュアは初)。また、リボルテックを買うのも初めて。可動フィギュアって点では……ああ、ミクロマンがありましたねw。
 デキは……可動フィギュアとしてはこんなもんなんでしょうか?普通の1/10フィギュアとしてみると、ちょっと顔がいただけない気がします。デキのよさげなサンプル写真とは顔が微妙に違ってて、個人的にはイマイチっぽく思えますね。まぁ、それでもミクロマンのキリコ他とは比べものにならないほど良くできてるとは思いますけど。
 せっかくの可動フィギュアなんで、カッコいいポーズで決めた写真を載せるべきなんでしょうけど……面倒なので、パスw。たしかにあちこちの間接が動くことは動くんですけど、ポーズをつけるのは本当に難しいですな。さらにカッコ良く写真を撮るとなると……難易度高いっす(泣)。
 
 個人的に色々ありまして、当スペースの更新を一時再開した間とかにも物資を調達したりしたんですけど……まぁ、そのへんのことは書ける気分になれたら書きたいと思います(ちょっと今はムリっぽいっす)。
 とりあえず、お休み中の届きものネタはここまでということで。

いろいろ届いてくれました ~その2

 なんだよ、ロックオンに瓜二つで中の人も同じ弟って設定はよぉ……
 なんだよ、巨人優勝&阪神・岡田監督辞任ってよぉ……
 なんなんだよ、株価急反発って。こんなインチ(以下自粛)。
 愚痴はこのへんでよしとして、届きものの続きですよ。
届きものその2は、「F.S.S. DESIGNS 3」という本でございます。
FSS_3
 以前これの「2」についてとりあげましたけど<記事はこちら>、その続巻がやっとこ出たわけでして……「2008年発売に向けて企画進行中!」って去年の宣言は守られたってところでしょうか。
 内容は、カラミティ・ゴーダース星とボォス星に関する設定集ですな。魔導大戦で戦場となっているボォスとそこへこぞって参戦してくるカラミティ・ゴーダースの国々についての設定は非常に興味深いんですけど……まぁ、ファンアイテムですねぇ。見たい人だけ見とけばいいかも?ってもんですから。
 「2」では“焼き直し”に“水増し”と書きましたけど、今回のはあまりそれらは感じなかったし、MHサイレンの設定とか見所も多いと思えたので、個人的には及第点ですかね(Aトールについてもっと詳しく載ってれば合格点でしたが……)。F.S.S.ファンなら価格なりの価値はあるんじゃないかな。
 最後にもう一度
さっさと連載を再開してくれぇぇぇ。ファンは、連載の再開+即時単行本化を待ち望んでいるんじゃぁぁぁ。

F1 2008 日本GP

 F1グランプリ第16戦・日本GP決勝が今日、富士スピードウェイで行われました。
 去年はひどい雨でムチャクチャなレースになってしまいましたが、今年は曇り空でコンディションはドライ。予選はPPにハミルトン(マクラーレン)、2位ライコネン(フェラーリ)、3位コバライネン(マクラーレン)で、5位にマッサ(フェラーリ)とそれなりだったのですが……決勝はまたも波乱。スタート直後の1コーナーの混乱でハミルトンとフェラーリの2台が後退(ついでに中嶋一貴も最後尾へ……)、4番手スタートのアロンソ(ルノー)が優勝となりました。
 アロンソは前戦シンガポールGPでも優勝してて、連勝ですよ。非力といわれるルノー・エンジンを駆使してウデで勝利をもぎ取り、連勝とは……凄すぎます。ここへ来て「さすがだ」ってところを見せつけてくれますなぁ。いやぁ、素晴らしいし、本当にカッコいいっす。
 で、チャンピオンシップを争うハミルトンは12位ノーポイント、マッサは7位で2ポイントを獲得したので、差が5ポイントに縮まりました。うーむ、やっぱりハミルトンもマッサも堅実さが足りないですな。お互いつまらないミスとかで、ポイントを取りこぼしてます。残りは2戦ですけど、まだまだどうなるかわかりませんなぁ。
 とりあえず、来週の中国GPですね。マッサに頑張ってもらって、彼の母国ブラジルまで決着を持ち越してもらいたいです。