ちょっと早いけど、ゆく年くる年

 年末ですねぇ。“事情”により、またまた更新をお休みしている間に、2008年が終わろうとしています。
 
 わたくしBleumerにとって、今年は本当に大変な1年でした。
 “事情”ってのは、入院&手術です。初めての入院だったんですが、予想もしていない重い病気であることが判明して長期入院となり、そして初めて手術も受けました。目の手術だったんですが、結構時間がかかって大変でした。その上、入院も手術も複数回となり……下半期は「病院漬け」な生活に一変しちゃいましたよ。病院好きな人ならこんな生活でも楽しいのかもしれませんけど(そういう人が本当にいるのかどーかわかりませんが)、私は大の医者嫌いなもので本当にきつかったっす。他人にあたり散らしてストレスを解消できる性格なら少しはラクになったかもしれませんが、そういう性格でもないですし(入院してると、そういう人もときどき見ました。とても見苦しいし、迷惑千万ですがね。本人は多少ラクになるのでしょう)……恐怖、悲哀、絶望、孤独、これらをイヤというほど味わうことになりました。辛かったです。
 まぁ、こうも大変になったのは私が病変に気付いていながら放置したことにも原因がありますし、同じく入院していた人には私よりはるかに重い病状の人も何人もおられました。この程度で「きつい」の「辛い」のと言ってはいけないのかもしれませんけどね……うーん、でも、やっぱり大変だったなぁ。来年は、落ち着いた1年になってほしいですよ。
 
 今月も目の手術を受けたため、まだ目の状態が良くありません。そのため、今年の当スペースの更新は今日で最後になります。
 来年はどうなるかわかんないですが……またいろいろと書けるようになればいいんですけどね。
 
 2009年は、皆にとって良き1年になりますように。

電池パック SHBAV1

 昨日のK-1ワールドGP2008ファイナルをテレビで見たんですが……決勝戦にはガッカリしました。反則で優勝が決まるなんて、あまりにつまらんですよ(昨日のレミー・ボンヤスキーは優勝に値するとは思いましたけどね)。
 興行的な問題があるんだろうけど、やっぱ1日3試合勝ち抜きってシステム自体がムリありすぎなんじゃないかなぁ?準々決勝と準決&決勝を分けるor決勝だけでも別の日にするとか、何とかした方がいいと思います。
 
 それはさておき、今日の話題は久々にケータイですよ、ケータイ。
 私はソフトバンクでシャープの910SHって端末を使ってるんですが、先代の端末・V603SHから機種変更してからそろそろ2年になります。
 そこで、「機種変更(3Gなので買い増し)じゃ~!」といきたいところなのですが……別に910SHで困ってないし、むしろ満足しちゃってるし、ワンセグも別にいらんので、変える(買い増す)気になれないんですよね。それに、今の機種変価格を見たら、たぶんその場で卒倒してしまいそうだし(今年一度も価格表見てないんすよ。8まんえん9まんえんとか平気で書いてありそうだなぁ……恐ろしい)。
 だがしかし、2年近くも同じ端末使ってると、充電池がもたなくなってくるんすよ。
 というわけで、ゲットしてみましたよ。交換用電池パック(商品コード:SHBAV1)ってやつを。
 電池パック
 実はケータイ端末用の充電池だけを手に入れるってのは初めてだったりします。今までは充電池の寿命が尽きる前にさっさと機種変更してきましたから、交換する必要がなかったのです。
 交換用電池パックを手に入れるにはソフトバンクショップに行けばいいんですけど、自宅の近くにないし、取り寄せになると面倒なので、ソフトバンクのオンラインショップに直接頼んでみました。充電池は毎月溜まっていくポイントと交換でき、910SHの場合は2000ポイントで交換できました。4日で届いたので、そのへんのネット通販に頼むのと同じ感覚ですな。あっさり届いてくれたので良かったっす。
 まだ古い充電池でも2~3日くらいは動くので(ビシバシ使うと数時間しかもちませんがw)、新しい充電池は年明けあたりから使おうかと思ってます。電池交換して、まだまだ910SHには働いてもらいますよ。
 ただ……こんな感じで機種変更をしない人が増えていくと、端末メーカーは大変でしょうな。実際、料金体系変更の影響で販売台数が落ちてきているところへ、この不景気ですから。まぁ、「エコ」「もったいない」「エコ」「もったいない」とうるさい世の中だし、仕方ないともいえますけどね。

ホンダが…

 今年のF1は、ここの更新をお休みしている間に最終戦・ブラジルGPを迎え、GPを独走で勝ったマッサ(フェラーリ)が最終ラップのゴール直前で5位に上がったハミルトン(マクラーレン)に総合ポイントで1ポイント上回られて年間総合チャンピオンを獲得できず、表彰台の中央で涙するという本当に劇的な幕切れとなりました。史上最年少にして史上初の黒人F1チャンピオンの誕生、そして来季は大幅なレギュレーション変更でオーバーテイクが増えレースは面白くなる(マシンは醜くなるとの評判ですけど)と明るい話題が多かったのですが……
 今日、ホンダが衝撃の発表をしました……今季限りでF1撤退ですと!?<公式ニュースリリース
 今年は事実上ホンダ子飼いのチームだったスーパーアグリF1チームが活動停止に追い込まれましたけど、まさか本家まで撤退に追い込まれるとは思いもしませんでしたよ。ニュースリリースにある通り「世界経済は不透明さを増すばかり」で、特に自動車産業は世界最大の自動車メーカーのGMやフォードが倒産寸前(アンビリーバボー!)、日本最強の企業ともいえるトヨタをはじめとする我が国の自動車メーカーの株価も下がる一方。自動車販売台数の急減、非正規従業員の大量解雇と金融業と並んで今回の危機的状況の象徴みたいになってます。当然ホンダも例外ではなく、F1撤退を東証の取引時間内に発表したにも関わらず株価は年初来安値を更新したというのですから……もう、どうにもなりませんな。「莫大な予算を投入しなくてはならないF1なんて、やってる場合じゃない」というのは正論でしょう。
 でも、ホンダという企業は、創業者の故・本田宗一郎氏以来技術屋魂で挑戦し続けて夢を与えてくれる企業でした。企業は潰れてしまっては元も子もないってことはわかってるんですが……みんなが苦しいときだからこそ、意地で世界と戦って夢を追いかけてくれればなぁ、と思ったりもします。残念です。
 フォードもWRC参戦を継続できるとはとても思えないし、来年のモータースポーツはどうなってしまうのでしょう?トヨタもF1撤退とかにならないことを祈りますよ。
 
 今回の経済危機は、想像してる以上に深刻ですな。本当に“恐慌”なのかもしれませんね。

「娘たま♀」!

 以前、『「ライオン」と「星間飛行」は既に買ってあったりしますw。O.S.T.1&2とこの2枚があれば、「マクロス Frontier」の音楽は、現時点ではコンプリートなのかな?』などと書いた覚えがあるのですが……全くもってコンプなどしていなかったようで。
 というわけで、買いましたよ。ええ、買いましたとも。「マクロス Frontier」VOCAL COLLECTION「娘たま♀」
娘たま
 今回はO.S.T.(「娘フロ。」&「娘トラ☆」)と違ってボーカル曲ばかりを集めたアルバムでして、2枚組・全32曲(実は、+カラオケ4曲)の豪華版になってます。今回は、O.S.T.未収録の「ライオン」とか「ねこ日記」の他にも「宇宙兄弟船」(ゼントラな演歌w)なんて曲まで入ってたり、「娘々サービスメドレー」が“特盛り”になってたり(ロングバージョンってことですな。オリジナルとはだいぶ違ってます)もするのですが……基本的にはO.S.T.に収録されてたボーカル曲がほとんどですから、「O.S.T.の補足盤」的な意味合いの方が強いです。まぁ、O.S.T.を買ってない人で「ボーカル曲しか興味がない!」って人にはありがたいアルバムってことになるんでしょうけど、それはそれで「真空のダイアモンドクレバス」が入ってなかったりするんですよねぇ。世の中うまくいかないですなw
 私はこのアルバム、正直買うか買わないか結構迷いました。なんか「マクロス Frontier」人気に便乗しすぎな感じがして「買わないでおこうか」って気持ちも強かったんですよね……でもまぁ、2枚組で¥3800とそれほど高いわけでもないし、O.S.T.はiPod nanoに入れてあるけどそれとは別に新しいウォークマン・NW-S739Fにも「マクロス Frontier」のアルバムを入れたいと思ってたという個人的事情もあったので、買ってみました。満足度でいうとO.S.T.のときほど高くはないんですけどね……「まぁ、こういうのもアリかな」って感じには思ってます。
 「娘たま♀まで買ったんだから、今度こそコンプだぜ!」なんて考えてたんですけど、どうやら「シェリルの宇宙兄弟船」とか「ランカのSMS小隊の歌」とかのシングルCDが発売されるみたいでして……しくしく。もう、いいっす。コンプは諦めることにしますよ。

Live Spacesの仕様変更、再び

 なんか、ここのところアクセス情報(アクセスカウンター)が動いてなかったり、Live Spacesがヘンだなぁと思ってたら……きましたねぇ、仕様変更が。朝起きて、自分のスペースにアクセスしてみてビックリですよ。「何じゃあ、こりゃあ」ってね。
 まず、フォントが完全なメイリオフォントになりましたね。字の大きさも少し大きくなったみたい。おかげで、見てくれる人にとっては記事を読みやすくなったんじゃないかとは思うのですが……私は何もしていないのに一晩にして見た目を完全に変えられてしまったってのはいただけないなぁ。
 あと、またまた設定とか編集とかのやり方が変わってしまいました。まったく……何度も書いてますけど、スペースを作ってる側には何らかの通知とかあってもいいんじゃないですかねぇ?こうも大幅に、しかも突然に仕様が変更されてしまうと、自分のスペースながら管理しきれませんぜ(特に、「最近のコメント」一覧を一発で見ることができなくなったのは痛い。見れなくはないので、不正なリンク貼りとかがあればちゃんと対処しますがね)。
 まぁ、仕様変更してくれるのはありがたいといえばありがたいんですけど、アクセス情報は今なお機能してないみたいだし、Live Spaces全体がやたら重くなっちゃってるし、ホント不安定ですねぇ、このLive Spacesってところは。これも何度も書いてるかと思うのですけど、個人的には新機能追加より安定度を増す方に力を注いでもらいたいと思いますよ。

D3X登場

 きましたねぇ、ニコンの真のフラッグシップデジタル一眼レフカメラ・D3Xメーカーページ>。ネットじゃ「12月1日発表」とか噂が流れてましたけど、まさか本当に発表されるとは思いませんでしたよ。
 えー、なになに、D3Xさんは、D3のボディに、2450万画素のフルサイズCMOSセンサー搭載ですか。で、常用感度がISO100~1600。連写は約5コマ/秒か……なーんか、センサー系統はソニーのα900にかなり近いスペックですねぇ(細かいところは違ってるんですけど)。
 で、メーカーページのサンプル画像を見てみると……うがっ、こ、これはスゲェ。解像感だけのα900とはちょっと違いますな。14bitRAWの威力か、画像処理の差なのか、レンズの差なのか、それらの総合力なのか……これは欲しい。欲しいぜえぇっ!
 だがしかし、ヨドバシ特価をチェックしてみたら、ボディのみのお値段¥898000(10%還元)とな!?還元ポイントだけで、89800ポイントなんですねっ!!
 買えるわけね~~~っ(泣)
 というわけで、私の「D3X購入計画」はほんの数分で終わってしまったわけですが……これは完全なプロユース機ですな。キヤノンでいうところのEOS-1Ds MarkⅢですね。まぁ、EOS-1Ds MarkⅢ対抗機がニコンにはありませんでしたから、当然といえば当然か。でも、2440万画素のソニーα900や、2110万画素のキヤノンEOS 5D MarkⅡがボディのみで30万円を切っている今、どの程度売れるんですかねぇ?「画質に差がある」といっても、“絶対的な差”とまでは言えないですし……ま、いいか。どうせ私には関係ない(買えない)んだしw