WALKMAN vs WALKMAN ~その2

 “史上最高峰”WALKMAN・NW-X1000シリーズが、実際どの程度「最高」なのか……その1<こちら>ではデザインや使い勝手などの私なりの感想を書きましたが、今回は音質と総合評価を書いてみたいと思います。
 [音質編]
○各機付属イヤホン
 イヤホン
 NW-A919・NW-S739F/ST・NW-X1060/BIに付属するイヤホンは、ノイズキャンセリング(NC)機能用の集音マイクが付いてます。初代NC機・NW-S706F以来、デザインは変わってませんが、中身は多少変わってるかも。色は黒色でマイク部が銀色ですが(写真右:NW-X1060/BIに付属のもの)、NW-S739F/ST付属のものはマイク部も黒ですな(写真左)。個人的にはこの真っ黒な方が好きです。
 購入時に付いてくるものにしては、優秀なイヤホンだと思います。少なくとも、D-EJ2000付属のものからしたら、格段に良くなってますな。低音は弱めながら、高音から低音までソツなく鳴らしてかなりの解像をしてくれますから。私は外出時は基本的に付属のを使って聴いてます。NC機能を使うには、これらで聴くしかありませんので。
 でも、上級イヤホンと比べると、音が軽いですね。軽快というんじゃなくて、厚みに乏しくてシャカシャカした音というか……X1060はあっさりした傾向の音なので、特に軽い感じに聴こえてしまいます。A919やS739Fは、低域が少し膨らむのでバランスが変わりますけど、音が厚くなるとまでは言えませんな。
 また、S730シリーズで大幅カットされたホワイトノイズがX1000シリーズは復活してしまったとか巷では言われたりしてますけど、私はあまり気になりませんね。たしかにノイズがあることはあるし、個体差もあるのかもしれませんけど、少なくともS700シリーズのときみたいに明確なノイズ感はないですので、その点はご安心を。
○MDR-EX90SL(ソニー)
 「モニター調」という定評のあったソニー製イヤホンです。実売価格は1万円弱ぐらいだったと記憶してます。
 音は、付属イヤホンと似た傾向です。音がキレイに伸び、洗練されたので厚みもついたって感じです。ただ、その音の伸びがある域までいくと切られてしまって伸びきってないような感じを受けます。特にX1060だと、そんな感じがより顕著に。短所は最小限にしてくれるけど、長所も伸ばしてもらえないような気がします。D-EJ2000でも、同じ傾向ですな。
○MDR-EX500SL(ソニー)
 EX90の後継として発売されたソニー製イヤホンです。実売価格は8千円くらい。
 音は、EX90と違って中域あたりから下をブーストして迫力を大幅アップさせる感じ。A919やS739Fだと低域がブォンブォンと鳴るようになりますが、膨らみきっただけで締まりがなく、中音域までブーストする弊害か高音域の音が崩れてしまいます。ボーカルだけ聴いてればいい曲なら問題ないのですが、「ドラムの音も聴きたいな」と思った途端ハイハットのあまりの不鮮明さに音を受け付けなくなるかもしれません(私がそうです)。
 この点、X1060だと上手くドライブするようで、迫力がアップしながら低音の締まりも失わなかったりします。高音の崩れ方も弱くなって、イイ感じ。「X1000の音は迫力なさ過ぎ」って人には、効果的なイヤホンかも。
 ちなみに、D-EJ2000だと、低音も締まってて音に厚みがあるし、高音も全く崩れなかったりします。恐るべし、D-EJ2000。
○ATH-AD700(オーディオテクニカ)
 高域寄りでちょっとクセの強いオープンエア式のオーディオテクニカ製ヘッドホンです。実売価格は12000円くらい。
 ヘッドホンだからでしょうけど、イヤホンとは別次元の音になります。高解像で音が伸びる傾向のウォークマンとオーディオテクニカ製ヘッドホンは相性が良いのか、さらに細かい音まで見通せるようになり、「こんな音が記録されてたのか!」と新たな発見ができたり、演奏の空気感を感じられたりってことが確実に増えます。
 ATH-AD700は32Ω・98dB/mWですので、ウォークマン直挿しでも問題なく音量はとれます。付属イヤホンなんかと変わらない感じですよ。
 ここからは、機種ごとの実力差がはっきりしてきます。A919は低音が膨らまされて高音が不自然に伸ばされていると感じるのに対して、S739FはA919より低音が締まってて高音の不自然さも弱まってます。X1060だと音の不自然さがほぼ感じられなくなり、D-EJ2000はさらに自然なつながりで音が実に伸びやかなところが非圧縮音源ならではだなーって思えますな。
○ATH-W1000(オーディオテクニカ)
 中高音域にツヤが乗る密閉式のオーディオテクニカ製ヘッドホンです。実売価格は4万円くらい。実に高いんですけど、これでもヘッドホンとしては中級機だったりします。
 ATH-W1000は40Ωですけど100dB/mWあるので、こちらも直挿しで問題ありません。
 ATH-AD700と似た傾向の音ですが、1つ1つの音が鮮明かつパワフルに鳴り、重厚です(低音がボンボンじゃなく、ゴンゴンとくる感じとでもいいますか……)。ということは、より機種ごとの音がはっきりするわけで……X1060の感想で「低音もぐぐっと締まってるので鳴らないようにも感じますけど、鳴るべき所はズンズン鳴ってます」って書きましたけど、これはW1000で感じました。X1060は低域を膨らまさないだけで、その重低音の重さたるやA919やS739Fの比ではありません。弱いように思えますけど、本当は凄い低音を鳴らしてるんです。一発の重さだけなら、D-EJ2000を上回ってる気さえします。この低音の質に加え、高音域の自然な伸び、中音域の質感……いずれも高いレベルでまとまってるX1060は、やはり「高音質」と言って良いと思いますね。
 [総合評価]
 X1060:「史上最高峰というだけのことはある」
 S739F:「音楽プレーヤーとしてのコストパフォーマンスは最高」
 A919 :「1世代前の性能」
 ってところです。
 X1060は、画質は優秀だし、音質もたしかに良く、スタイリッシュでコンパクトなボディにかつてない多機能を詰め込んでいるわけで、やはり“史上最高峰”と名乗りうるだけの実力があると言っていいと思います。ただ、感想にも書いたように「値段が高過ぎやしないか」という疑念は消せません。コストパフォーマンスを重視する人は、スルーするか実売価格が下がるまで待った方がいいでしょうね。
 そのコストパフォーマンスという点では、S739Fが本当に素晴らしいですな。機能的には限定されますけど、「NC付いて16GBでお値段2万円切ってます」なんて正直「信じられない」級ですよ。2台買って「実質32GB運用」したって、X1060より安い……音質の差なんてフツーに聴いてる分にはわかんない程度の差ですし、迫力なら逆に上回ってるようにも聴こえるのでこちらの方が好みの人も多いでしょうし。音楽プレーヤーとしてのウォークマンが欲しい人には、現行Sシリーズが一押しです。
 A919は“全部入り”でX1060なみの多機能型ですが、音はX1060はもちろんS739Fにも若干劣り、画もX1060に及びません。だから困るということはないし、今の実売価格からすれば「たいしたもん」とも考えられますけど、評するなら「1世代前の性能」でしょうね。
 
 ま、こんなところですかね。極めて個人的な感想に基づきますので反論も多々あるでしょうけど、参考になれば幸いです。
広告

7 Responses to WALKMAN vs WALKMAN ~その2

  1. フォレ says:

    はじめまして。自分はNW-E99っての使っています。。お恥ずかしい。PCがバイオで、ソニックステージ使っているので転送とかは楽ですねー。NWウォークマン新しいの欲しいです。

  2. Bleumer says:

    フォレさん、こちらこそはじめまして。NW-E99って04年発売のモデルなんですね。乾電池駆動ってのは良いなぁと思います(最近のは自分で電池交換できませんから)。最近のウォークマンも気合い入れて作ってるなかなかの製品だと思いますので、機会があれば店頭とかで触れてみてくださいね。

  3. げるぐぐ says:

    今日、ヘッドフォンの試聴にアキバヨドバシに行って来たのですが、X1060は品切れで今週末入荷とかなっていましたので、安くないものの割には結構売れているみたいですね。

  4. フォレ says:

    こんんちはー。そうなんです、中古で購入したんですが『電池』に引かれました。どこでも電池なら大丈夫だろーって。でも…音が悪いですねーノイズが凄いです。04モデルなんですか…(知りませんでした)5年間でどれだけ技術が進んだか計り知れませんよ(--。もう少ししたら旧モデル安くなるかも…といっていつも買いそびれてます。店頭で『今』を体感してきますね!

  5. Bleumer says:

    >げるぐぐさん なんか、売れてるみたいですね。ヨドバシドットコムでも32GB版は取り寄せ、各店舗の在庫をみてもほとんどないですな。アイスブラックも不足してるし、メモリ供給不足で作れないのかもしれないっすね。高額商品なんで、単に生産量を絞っただけかもしれませんが……>フォレさん こんばんわです。 デジタル機器の値崩れは尋常でないですから……しかし、値下がりのピーク期は短くて“買い時”の見極めは最近難しいですね。 というわけで、欲しくなったら予算の許す限りGoGoであとは使い倒す、これっすよ! おかげで慢性的財源不足になってる人がここにいますが……その点にはご注意くださいw

  6. ピンバック: 世界にたったひとつの « Bleumer's Dialy 「詮無きことを」

  7. ピンバック: WALKMAN vs WALKMAN ~その1 « Bleumer's Dialy 「詮無きことを」

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。