F1 2009 イギリスGP

 一昨日、F1第8戦・イギリスGP決勝が行われました。
 いやぁ、予選で今季不調の中嶋一貴(ウィリアムズ)がQ3に進出しただけでなく、自己最高の5番グリッドを獲得したんで、すごく楽しみにしてたんですが……決勝ではうまくいきませんでした。ピット戦略もタイヤのチョイスも良くなくてマズい展開となり、結果11位に沈んでしまいました。残念です。ただ、同じウィリアムズのニコ・ロズベルグは予選7番手ながら、5位入賞なんですよねぇ……ドライバーのウデの差なのか、チーム内での扱いの差なのか、運の問題なのか。今年は本当にうまく回らない中嶋君、メゲることなく、次のレースを頑張ってください。
 優勝は、ベッテル(レッドブル)でした。こっちは超のつく絶好調っぷりで、ポールポジションからぶっちぎりの優勝ですよ!2位にはチームメイトのウェバー。RB5は大幅なデザイン変更がなされ、おそろしく速いマシンに変貌したみたいですな。3位はバリチェロ(ブラウンGP)だったんですが、母国GPのバトンは6位にとどまりました。こりゃ、もしかすると、ブラウンGPの独走にストップがかかるかもしれませんね。バトンは好きじゃないし、ベッテルは若々しくて「逆転での史上最年少チャンピオン」なーんてのもカッコいいので、私的にはベッテルを応援したいですな。ああ、ウェバーも好きなドライバーなので、彼の初勝利も見てみたいなぁ。うーむ、今年はレッドブルを応援しますかね。
 
 イギリスGPは伝統のシルバーストーン・サーキットで開催されてきましたが、来年からはドニントンパーク・サーキットに移ることになっていて、しかも随分長期の契約になっているらしく……シルバーストーンは、事実上“今年で見納め”みたいな雰囲気でした。
 だがしかし、例のバジェットキャップ(予算制限)騒動で「F1分裂」なーんてことが公然と語られるようになり、状況が一変。もしかしたら、来年は「F1はドニントンだけど、分裂組はシルバーストーン」てなことになるかもしれなくなりました。「分裂」が、かなり現実味を帯びてきてます。
 どーなるんだ、来年のF1は!?
広告

2 Responses to F1 2009 イギリスGP

  1. フォレ says:

    こんばんはー。結構F1ファンって多いんですね。自分はF1ってゲームでしか触れたことがないんです。でも、あのピットでの仕事は凄いですね!感動します。一瞬過ぎて何してんのかわからないですもん!時間を突き詰めるとああなるんですね。所で、F1のガソリン?って発火しても炎が見えないって本当ですか?

  2. Bleumer says:

    F1のピット作業はたしかに素早いですな。昔はタイヤ交換するだけとかでしたが、今はそれと同時に給油にウィングの微調整にパーツの交換とかもやってて、かつ秒単位でやっちゃったりしてますからねぇ。ホント、凄いです。F1の燃料はガソリンです。昔は特殊なガソリンで、今は市販のガソリンを使ってますけど、ガソリンはガソリン。燃えるときはフツーに黄色と朱色の炎を上げて燃えます。ときどき給油作業に失敗して、炎出したりしちゃってます。炎が見えないのは、メタノールエンジンに使われるメタノール(メチルアルコール)ですな。IRL(インディカー)とかで使われてました。でも最近はエタノール燃料らしいですから、炎は見えると思いますね。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

w

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。