新ノートPC導入 ~その1

 当スペースの更新など、私専用ネット閲覧マシンとなっていた某dynabookさんのファンが異音を発すると以前書きましたが<こちら>、最近原因不明のブルーバック病(何の前触れもなく突然青い画面になる病気)にもかかってしまいまして……まだしばらく大丈夫そうではあるんですけど、いつ動かなくなるかわかんないし、5年使い込んだし、「いいか」と思って買っちゃいましたよ、後継機。
今度はVAIOにしてみました。Windows 7な昨年秋モデル・VAIO Fの店頭型DVDドライブ版(VGN-FW54FB)です。
VAIO1 (※天板のロゴです)

ネット閲覧マシンなら安いノートどころかネットブックとかでも十分そうではあるのですが……メインメモリが何かに食われるってのがイヤなので、ノートといえども内蔵型GPUはNGなんすよ、個人的に(GPU専用RAMが別に用意されてるなら内蔵GPUでも良かったりしますが、今そういう機種はない)。というわけで、私のノートPCは専用RAMがある外付けGPU必須なのです。
また、
○自作PCがあるのでハイパワーでなくともよいが、当スペースに使う写真のRAW現像もしたいのでそれなりのCPUパワーは欲しい。
○視力の関係で小さい画面だと困るので、ディスプレイは15インチ以上。できれば、キレイな液晶で。
○ブルーレイドライブとかの最新デバイスも、あったらいいなー。
てな感じで考えてたので、いろいろ調べたりしてみました。
だがしかし、大前提の「外付けGPU」ってところで、ほとんどの機種がアウト。これには参りましたね。
で、在庫と値段も考えながら、あちこち回った結果、処分特価になってたVAIO Fが目にとまり、購入となったわけです。VAIO F(店頭型)はGPUにMobility Radeon HD 4570+専用メモリ512MB、CPUは2.53GHzのCore 2 Duo P8700を搭載し、16.4型液晶(1600×900)なので、上記条件をクリアします。ブルーレイを搭載したFの上位機ではないのは……単に上位機の在庫がなかったからですね(あったら、そっちにしてました)。

 「モバイル向けのCore i(Arrandale)搭載機が発売されるのに、なんで今さらCore 2機?」と思う人もいるかもしれませんが、私の用途だとCPUパワーはそれなりで構わないってのと、もう1つ理由があります。
先に書いたように、私の場合目の関係で画面自体が小さいのも困るんですが、字が小さいのも困るんですよ。最近は液晶の解像度が上がってて、15インチクラスでフルHD(1920×1080)なんてのもありますな。そうなると、アイコンも字も小さくなってしまうので、画面が大きくても結局見づらいんすよね。設定でDPIを上げれば字を大きくすることもできるんですけど、上げると標準DPIしか対応してないダイアログボックスで先に進めなくなるとか弊害が出たりします(経験済み。許せない級にクリティカルな弊害です)。で、Core i積んだ新ノートはさらに高解像度な液晶を積んできそうだったので、旧世代ながらWindows 7を載せてて高性能機でも液晶が高解像度になりきってない昨年秋モデルが欲しかったってわけです(VAIO FのSonystyleモデルでなく店頭モデルにしたのもこのため。SonystyleモデルはフルHD仕様の液晶しか選べなかったんです)。
あと、VAIOでも上位クラスのFがこんな時期だからこその特価ですごーく安く手に入りましたからね(実質10万くらい?)、一石二鳥w。よかったですよ。

で、その新ノート・VAIO Fの使い心地とかは次回<こちら>。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。