Bleumer的簡易シアター完成

 年度末です。年度末といえば決算、決算といえば特売でございます。
 というわけで、買ってしまいました。オンキヨーのコンパクトAVセンター・SA-205HD<メーカーページ>。
SA-205HD
 SA-205HDは、「BASE-V20HD」という同社の2.1chシアターパッケージのコントロールセンターを単品売りしてる製品でして、幅205mmのコンパクトサイズながら6チャンネルのアンプを搭載した、いわゆるAVアンプです。フツーのAVアンプの半分以下のサイズですが、HDMI ver.1.3aの入出力に対応してて、デジタル放送のAACやらブルーレイビデオに収録されている「ドルビー TrueHD」やら「DTS-HDマスターオーディオ」もデコードしてくれる上、ビエラリンク/AQUOSファミリンク/レグザリンク対応テレビならそれらのテレビと連動までする、機能的にはなかなかのスグレモノです。もちろん、サイズがサイズなので、チャンネルあたり実用最大でも30W(6Ω)しか出力はないし、オーディオアンプとして「音質が云々」とか言えるようなものではないのですが、「狭い部屋に、サラウンド環境ってもんを作ってみたい」って程度の用途ならば十分な能力をもってる製品といえますな。
 私はまさに「狭い部屋に、サラウンド環境ってもんを作ってみたい」って望んでる人でして……古くはPS2買ったあたり、そしてDVDプレーヤー買ったとき、初代Xbox買ったとき、360買ったとき、PS3買ったときと、その都度サラウンド環境構築を考えたんですけど、実行できずにここまできてしまいました。その一番の理由は「この狭い自室(6畳部屋だけど、タンスの机の本棚ので実際はもっと狭い。空間としての実質は4畳分程度)に、スピーカーどう配置すんの?」ってことだったんですけど、それ以外にも音声フォーマットがポンポン変わったり、伝送方法が変わったり(光/同軸デジタル→HDMI→HDMIのバージョンアップ)して“買い時”がわからず踏ん切りがつかないってのもありました。
 この点、今月(というか今日w)「BASE-V20HD」が「BASE-V30HDX」に切り替わることになりまして、SA-205HDもSA-205HDX<メーカーページ>に仕様変更されたんですが、変更の内容はHDMIのバージョンが1.3aから1.4aに上がった(3Dに対応した)くらいで基本的なところは変わりませんでした(※入出力端子など細かい変更点はいくつかある)。そのため「買い時は今だ!」と思い切れたというわけです。ま、売値が半額を切る超特価だったってのが実際は一番大きかったんですけどねw
 とはいえSA-205HDだけじゃどーしようもないので、スピーカーとしてフロントにデノンのサラウンド用・SC-A33SG、リアにオンキヨーの廉価機・D-11XMを別に調達。センターはなぜかうちにあるオンキヨーの数年前の廉価機・D-057FXCを使い、5チャンネルで組んでみました。
SC-A33SG D-11XM D-057FXC (※いずれもサランネット外した状態)
狭いのでトールボーイスピーカーやスタンド立てて置く余裕はないから、メイン(フロント)といえどブラケットで柱にセットできうるものを選び、リアはさらに設置が厳しいのでとにかく小さく軽いものに。設置場所がない上、重低音をドンドコ近所に響きわたらせるわけにもいかないので、サブウーファーはなしという構成にしました。これに250GB新型PS3をHDMIでつなぎ、テレビをHDMI&光デジタルでつないで、“Bleumer的簡易シアター”完成でございますよ。
 セッティングにはそれなりに気を使いましたが、チャンネル数が0.1足りない上にスピーカー配置もいびつになってしまい、とても音質云々を語れるシステムではないですけど……「音の空間的広がり」「音場の立体感」などと拘りさえしなければどーということもありません。SA-205HDのオートスピーカーセットアップ機能(Audyssey 2EQ)を使ってセットアップしてみれば、あら不思議、音が回るサラウンド音場ができあがりですわ。10日ほど使ってみましたが、スピーカーが小さいこともあって定位はイイ感じにピンポイントで決まってます。一応スピーカーの個別評価を書いておくと、D-11XMはプラスチック筐体でいかにもショボいんですが、「高中低域どれもヘンなクセなく鳴ってるんだけど、それぞれ何かが足りないよーな」って感じの実にオンキヨースピーカーらしい音で鳴ります。その小ささとペア7000円という値段を考えれば大したモンでして、狭い空間でリアとして鳴らすだけならこれでも足りますな。D-057FXCは、似たような傾向だけど、低域の量感が絶対的に不足しているように感じました。バスレフ式のダブルウーファーなんだけどな……センタースピーカーは重要なので、これはちと問題。デノンのスピーカー・SC-A33SGは、小さい割に中域低域で音に張りがあって、レンジ感もあり、オンキヨースピーカーにはない「芯のある音」を出してくれるようになった(※2、3日かかりました)んで嬉しかったっす。特徴のないのが特徴のオンキヨーのアンプとの相性も悪くないようですし、天然木突き板仕上げで見た目も美しいので、センターもデノンのスピーカーに変えようかとも考えてますけど、ま、当分は今のままでいく予定。
 
 これにて、念願のサラウンド環境が手に入ったわけですが……使ってみて一番感心してるのは、フツーのテレビ放送の音がすごく良くなったことだったりします(液晶テレビのスピーカーは本当に酷い音ですから……)。テレビをつけるとSA-205HDが起動、ボリュームはテレビのリモコンで調節、テレビを切るとSA-205HDも切れるという連動機能が恐ろしく便利でして、サラウンドじゃなく純正のテレビ用外付けステレオスピーカーを買ったようにさえ思えたりもするのですが、まぁいいかw。
 ブルーレイやDVDの映画などで、おいおいサラウンドを楽んでいこうと思います。
広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。