あと1ヶ月

 米軍普天間飛行場の移設問題、鳩山政権が「決着する」と設定したタイムリミットまで、あと1ヶ月となりました。
 どうするつもりなんですかねぇ?“政府案”ってのもまだはっきりしてないんですけど、それを決めることが「決着」なんでしょうか?
 この普天間の話も、最初から「どうすんの?」って言われ続けて今に至ってて、鳩山政権を象徴する問題の1つになってますよね。威勢のいいこと言うだけ言うけど政府として何がしたいのかさっぱり分からず、閣僚がバラバラなことを言い出し、首相はもっといい加減で、国民はうんざりするという……今までならこんなことが1つあっただけで大変なことになってたのに、この内閣は1つどころじゃないですからねぇ。どうなってるのやら。
 私は、自民党政権下での辺野古移転案がどうしてもダメだというなら、普天間の部隊はグアムなどの国外へ移転させる(=追い出す)しかないと思ってます。日本国民である沖縄の人たちが苦労しているから移転させると言っといて、同じ日本人の誰かにその苦しみを転嫁する政策なんて、ゴミ焼却場ですら立てられない今の世の中で通用するとは思えません。なら、アメリカの兵隊さんなんだからアメリカ領内にお帰り頂くしかないじゃないですか。
 もちろん、そんなことをしたら「国防どうするの?」とか問題だらけな上、現行の安保条約上は不可能かもしれません。
 でも、ダメなんでしょう?沖縄の人たちの負担を軽減するんでしょう?だったら、お帰り頂いた戦力分は自前の自衛隊を必要なら憲法改正してでも強化して補う、現行の条約上国外移転させられないのなら条約を改正する、そうやってキチンキチンと対していくのが政治でしょう。それくらい、公約までして政権取ったんだから、覚悟してたんじゃないんですか。
 しかし、現政権はそんな覚悟、なかったとしか思えませんな。米軍基地を動かそうとしたらどういう手続が必要かとか、考えたこともなかったんでしょう(知ってたら、1年もしないうちに決着なんてこと言えるはずもないんだし)。それどころか、今でも「国防」ってどういうことなのか分かってなさそうですな。フラフラしてるのを見透かされ、中国海軍にバカにされても黙ってるしかないんだもんなぁ。ある意味、凄すぎる国家ですよね。ここまで「主権」ってものをわかってない国家ってないですよ、たぶん。アメリカ政府でなくても呆れますな。
(追記:中国海軍の動きを受けて、防衛省が南西諸島に自衛隊配備の検討を開始したとか。うーむ、やっと政権も「国防」を本気で考え始めたのかな。だとしたら、良い傾向だと思います。単なる“選挙対策”でないことを願います)
 
 ここへきてなお「迷走などしていない」って豪語してらっしゃるようだし、せいぜい頑張って「決着」させてみて下さい、総理大臣殿。もしかしたら、国民も納得して、「支持率V字回復!」とかってなるかもしれませんから。
 ですが、もしできなかったら、政権全体の責任です。連立解消とか、総理大臣個人が責任取ればいいなんて話では済まされませんよ。そのくらいは覚悟して下さい。
広告

2日目にして折れる

 Xbox360用「スーパーストリートファイターⅣ」、悪戦苦闘中でございます。
 「とにかく練習だ」と頑張ってはみるものの、ダメなもんはダメですな。リュウでなんとかアーケード(MEDIUM)をクリアしたものの(※ラウンド数1本に設定)、メインキャラにしようかと考えてるローズさんではライバルで現れたリュウにめった打ちにされ、コンティニュー繰り返すもどーにもできず、心が折れました。なんで難易度MEDIUMでこの強さなんだよ……まったく、これだから格ゲーは。「素人さんお断り」なんですね。半日ほどプレイしたけど、やっててあんま楽しくなかったなー。正直、疲れた。
 
 で、今回の「スパⅣ」、コントローラーにマッドキャッツの「トーナメントエディション ファイトパッド for Xbox 360」というものを使ってプレイしています。
ファイトパッド
「スパⅣ」のために予め買っておいたものです。個人的に、スティック操作が得意じゃないもので。
 通常のパッドとの違いは、LB・RBボタンがA・B・X・Yボタンと並んで配置されていて、トリガーも上部の通常のボタンに変えられている点ですな。これにより、ストⅡ系のような弱P/中P/強P/弱K/中K/強Kの6ボタンシステムに都合の良いパッドになるわけです。アナログスティックも取っ払われており、ま、格ゲー専用パッドですかな。
 たしかに6ボタンは便利だし、押した感触も悪くないです。ただ、方向キーはイマイチな感じ。私は分解の上、十字キーの部品とゴム部品の間に薄い紙を挟んで調整したりしてますけど、それでも確実な操作感とはいえないですね。1回転入力の技は出るんですけど、2回転はムリですなぁ。あと、タメ系の大技も出しにくい。その辺は、やはりスティックでやった方がよさそうです。
 まぁ、私のよーな「昇竜拳が確実に出せない」って人には、デキがよいものでも「猫に小判」かもしれませんけどねーw

「スーパーストリートファイターⅣ」到着

 予約しておいたXbox360用「スーパーストリートファイターⅣ」が届いたので、さっそくプレイしています。
 「ストⅡ」系のゲームは、超ひさびさです。前作「ストⅣ」はいろいろあって結局買わずじまいだったし、「Ⅲ」は一切やったことないしで、ドリキャス時代に「ZERO2」か何かをやって以来ですからねぇ。元々2D格闘は苦手だったけど、もはや生まれて初めてプレイする人と何も変わらんですわw
 そんな状態で、無謀にもオンへもデビューしてみましたけど……案の定、ボッコボコw。それどころか、MEDIUMのCPUにもボコられまくりで、ちっとも勝てません。各キャラの特性云々とかじゃなく、システムからして分かってないし、何すりゃいいやらわけわからん……ははははは(泣)。
 一応、別口で攻略本も注文しといたんですけどね……例のところだからか何なのか、音沙汰ありません(今日発売じゃないのかなぁ?)。超初心者なんだから、“虎の巻”でもないと話にならんというのにぃぃぃ。早くきてえぇぇ。
 全然勝てないので初日からいきなりイヤになったりしてますけど、ま、じっくりプレイしていこうと思ってます。せっかくの連休ですし。

東京都の質問回答集

 「非実在青少年」で話題になっている東京都青少年の健全な育成に関する条例の改正案について、都が質問回答集を作ったそうなので読んでみました<詳しくはこちらから。PDF形式で配布されてます>。
 大騒ぎになったからか、25もの質問を設定の上、回答の形で丁寧に規制の趣旨を説明しています。個別の内容はダウンロードして読んでもらうとして、個人的に注目したのは以下の3項目。
○「性交」「性交類似行為」とは?
 具体的定義は質問回答集で読んでもらうとして(※どうもここで書くと、いろいろまずいみたいなので)、最後に「(これらは)法令用語です」って書いてあるんですよね。実際、いわゆる児童ポルノ法(児童買春、児童ポルノに係る行為等の処罰及び児童の保護等に関する法律)にもこれらの文言が明文化されているんですな。解釈も決まってるようです。法律にそうあるのでは、下位規範の条例が使うのも当然のことでした。以前書いた記事<こちら>はこの限りで訂正させていただきます。こちらの調査不足でした。すみません。
 ただ、法律にあるからって言ったところで、法解釈として「類似行為」が本当に拡大解釈されないのかって疑念は残るんですけど。そのへんは、上述の記事を読んでいただくか、または児童ポルノ法について書いたときにでも改めて。
○パンチラとか入浴シーンはダメ?
 回答として「性交又は性交類似行為」が明確に描写された漫画などに限られるから「規制することはありません」と明言してますな。その上、「しずかちゃんの入浴シーン」「ワカメちゃんのパンチラシーン」「しんのすけがお尻を出すシーン」とか羅列されている許容例がまた妙に具体的。ここまで言うのなら、東京都条例では表現者はそれほど規制に対して萎縮しなくても済みそうかな、とも思いました。
 が、次の項目が……
○現実の子供の性交経験率は高くなっているのに、子供の性行為を描いた漫画やアニメを子供から遠ざけても意味がないのでは?
 この設問にはびっくりしました。私が極めて疑問に思ってることも、一応問題意識として持っているんですかねぇ?
 で、回答は「通常の子供が経験する性行為と」「強姦や近親相姦などの悪質な性行為」は「明らかに別物であり」「真似て実践してしまうおそれもある」から青少年に見せてはならないんであって、それは「未熟な子供を守る大人としての責務である」とまで言ってます。
 これは、どうなんですかね。都は通常の子供が経験する性行為を全く問題ないと思っているんですか……それでいて「悪質な性行為」の表現は大人の責務として規制すると。ま、「性の自由に対して、規制は最小限なんですよ」って言いたいんでしょうし、「悪質」なのはたしかに規制すべきでしょう。
 しかし、だとしたらなぜ規制対象をその「悪質な性行為」に限定しないのでしょうか。今どきなら「通常の性行為」でもされるであろう「性交類似行為」まで規制対象にしておきながら、「悪質な性行為」だけを抜き出して規制全体の理由にするなんて論理のすり替えでしかありません。論理のすり替えなんてことは、何か他意がある者がすることですよ。
 それに、「大人の責務」って主観的な言い方も引っかかります。それを言い出すと、感情的になって、どんどん拡大解釈する理由になりますから。
 これを読む限り、都の規制したいそもそもの理由に対する疑念は消えないですね。本音では何を考えているのやら。
 
 あと、今回の回答集でもアニメという表現媒体の特殊性については触れられていませんね。前にも書きましたが、アニメでもパッケージソフトであれば販売規制に合理性が認められるかもしれませんけど、アニメ作品は本来放送、つまり公共の電波に乗せるものなんですよ。東京都だけ放送されないってことは技術的に可能な上すでに行われているでしょうし、「他の道府県では放送できるのだから問題ない」という解釈も成り立つかもしれませんが、それは製作者(表現者)にとっては強すぎる規制です。全国ネットのキー局は全て東京にありますから、萎縮効果の点で看過できません。それなのに、都が規制して良いと考える理由が今回の回答書に書いていません(それらしい項目はあるが、そこではなぜか漫画についてのみ回答している。他はアニメも同列に論じているのに、です。アニメについてわざと答えていないように思えます)。この点でも疑念は消えませんね。
 やはり、都や都議会の方々には慎重の上にも慎重に判断していただきたいと思います。
 
 先日の「非実在青少年」の記事を書いてからも、あれこれ調べてみています。今回の条例改正案も大いに問題ありですが、今回の規制は正直なところ「序の口」程度です。問題の本質は、国の法律である児童ポルノ法の方でしたよ。
 今まであの法律を詳しく読んだことはなかったんですけど……読んでみて驚愕しました。あれは性表現規制という点でもの凄く危険な法律です。「児童ポルノ」という“絶対悪”を理由にしてとんでもなく広範な規制(性欲を刺激するなら衣服を一部着けない18歳に満たない者の姿態ってだけで「ポルノ」だそうで……漫画やアニメには現状適用されないものの、「性欲を刺激」の解釈次第で普通のアイドルグラビアでも適用できる)をかけてますから。上位規範がここまで規制できている以上、都が「今回の条例改正の何が悪いの?」って考えても仕方ないことかもしれません。前にも書いた通り児童ポルノ禁止自体を反対するつもりは毛頭ないのですけど、このままで単純所持禁止までされたら本当にこの国は大変なことになりますよ。こんな法律が、施行されて何年も経ってるとはなぁ。一国民として「知らなかった」じゃ済まされませんわ。
 今回の条例改正案に著名漫画家さん達が反対を表明したりしましたけど、表だった反対運動をするならば児童ポルノ法も含め性表現全体を考える形にしないとどうにもならないでしょう。あの法律の規制を適切な程度に修正しない限り、今後もっと強い規制が条例レベルでもあちらこちらで出てくるでしょうな。

「北斗無双」

 先月末に発売されたXbox360版「北斗無双」、ようやく一通りクリアしました。
北斗無双
実績もオールクリアして1000獲得でございます。というわけで、感想をば。
 80年代の日本を席捲した世紀末マンガ「北斗の拳」と「無双」シリーズのコラボレーション作品が、今回の「北斗無双」です。80年代といえば、Bleumerも青春まっただ中でございまして……私も週刊少年ジャンプでの「北斗の拳」の連載、そしてTVシリーズの直撃世代の1人であります。特に、TVシリーズは見てましたねぇ。最初期は見てないんですけど、ハートが出てくるあたりからほぼ全話見てます(カイオウ倒すまで、見ましたよw)。よって、作品に対する思い入れは、相当強いっす。「ドラゴンボール」より強いですね。
 そのため、「無双」と「北斗の拳」の組み合わせってどーなんだろう?と、かーなり心配してたんですけど……ま、杞憂でした。もはや伝統といってもいい「無双」アクションそのものなんだけど、プレイしてみれば、ちゃんとケンシロウが北斗神拳を、レイが南斗水鳥拳を使っているように思えます。もちろん、「北斗の拳」の世界は極めて独特な世界なので「完璧」とまでは言えないんですけど、簡単操作でこれだけ再現したのは褒めていいと思います。良くできてます。
 また、TVシリーズの豪華声優陣の大熱演に“洗脳”されている人間としては、「声が全く違うのは映像作品としてどうなのか?」と思ってましたが、この点もあまり違和感ありませんでした。ケンシロウ役の小西克幸さんの声が神谷明版ケンシロウにかなり近かったことと、レイ役の子安武人さんがハマってたのが大きかった。あと、TVシリーズといえば千葉繁さんの超絶ナレーションですけど、代わりに若本規夫さんをもってこられては……黙るしかないw。サウザーがどう考えても若返りすぎなのは最後まで気になりましたけど、トキやリュウガ、ユダやシュウはイイ感じだったし。ラオウの立木文彦さんはちょっと違う気がしたけど、他の適任者も思い付かないんで、良しとしました。慣れれば問題ないです(ラオウの声って「これだ!」ってのがないんですよね、個人的に。TVシリーズの内海賢二さんも違うように思えるしなぁ……誰がいいのかなぁ?うーん)。
 内容的には、「無双」です。とにかく「無双」でして、ストーリーモードの“伝説編”はアドベンチャー的で多少違った感じに仕上がってますけど、仮想ストーリーの“幻闘編”は「無双」そのものですね。敵を強弱つけて殴って蹴って、与えられる課題(ミッション)をこなしながら倒しまくる、それだけです。難易度も“やさしい”にしとけば、ヌルくてサクサク進められます。「ガンダム無双」みたいにやたら敵が硬くて面倒ってこともないし(ま、“ラスボス”的存在に何人か厄介なのが出ますけど、多くはない)、不満なら難易度上げればいいし(他に普通と難しいが選択可。さらに上もあるかも?)、人体破壊表現もHARDかMILDの選択が可能と細かい配慮もされてたりするし(ちなみに私は終始MILDでプレイしました。スプラッタ苦手なんでw)、誰でも楽しめるゲームに仕上がってると思いました。
 個人的には、“伝説編”より“幻闘編”の方が良かったですな。“伝説編”ではプレーヤーキャラにならない、シンやサウザーやジャギが“幻闘編”だと使えたりするんですけど、この3人が面白い。シンがしたたかで結構漢っぽく描かれてて、“伝説編”での扱いの悪さに対する不満は吹き飛びました。また、サウザーのあまりの人望のなさには笑わせていただきました。陰口叩かれ配下に裏切られまくる聖帝さん……可哀想すぎるw。で、サイコーなのは、まさかのジャギ様。自称天才と組んでの珍道中がいろいろと面白すぎw。中の人・高木渉さんの力もあって、ダメダメっぷりが加速w。北斗南斗の化け物どもをショットガンとバズーカ(拳ではないw)で「ヒャッハー!」とヌッ殺すのは快感でしたね~。あとは、マミヤのナイスバディですかねぇ。特にDLCの原作コスチュームに着替えると、イイ感じでございました(ダメージくらうと、凄いことにw)。
 
 売れ行き好調だったらしいですし、「ガンダム無双」から推測するに、「北斗無双」も続編が出るんですかねぇ?ネタとしても「天帝編」と「修羅の国編」がまだ残ってますし。
 その時は、成長したリンで戦えるようになるといいなぁ。あ、できればマミヤも残留でお願いしますw

政党もどき

 先日「たちあがれ日本」に苦笑させてもらったわけですが<記事はこちら>、その後地方の首長経験者らによる「日本創新党」というのが結成され、今度は自民党の舛添要一参議院議員が離党して新党だそうで。今度は「新党改革」ですか。
「新党」といっても、実体は既存の政党「改革クラブ」に舛添さんと自民党現職が2人が入っただけなんですよね。で、舛添さん以外の現職国会議員5名は、今夏の選挙で改選……つまり、巷の“舛添人気”にあやかって議席を守ろうって魂胆見え見えの党なわけです。うち1人は荒井広幸参議院議員でバリバリの「郵政民営化反対論者」だから舛添さんとは政治的に合わないはずってあたりも、この「新党」の胡散臭さを証明してくれてますな。舛添さんも、自民党批判を繰り返して出ざるを得なくなってしまったものの、こういう人たちと組むしかなくなったってことですかねぇ?
政党を作るのは憲法に認められた権利(結社の自由として保障)ですから、どんな政党だろうが勝手にお作りになれば結構ですけどね。そもそも政党とは、政治目的を共通にする政治家が集まって作るものなんですよ。その共通の目的が政党の理念となり、その理念の適否を主権者たる国民が支持するかどうか判断し、投票によって議会の多数となった政党が政権を獲得して政治をするってのが政党政治ですけど、そこでいう「共通の目的」が「選挙に通ることだけ」なんて政党に理念なんてもんができるわけもなく、実際に政治なんてできないんじゃないですか(実際にそうなってしまっている政党が、今の民主党です。理念もなく政権取ったから、えらいことになってますな、毎日毎日右往左往……)。日本国と日本国民が大変ってときに、まったくいい加減にしてもらいたいですよ。「第三極」?笑わせんな。結局、連立政権に入り込んで、現政権の亀井大臣的存在になるのが関の山でしょ。くだらない。

ま、民主主義国家の政治というのは、どうなろうと最終的な判断を主権者たる我々国民が、投票という形でするわけです。これまた巷で人気らしい「みんなの党」も含め、タケノコみたいに出てくる「政党もどき」を支持するもしないも自由ですから、支持したいという方はどうぞ夏の参議院議員選挙で投票してあげて下さい。
私は支持しませんけどね。
といっても、「理念」の点ではどの政党も……日本の政治家の皆さん、しっかりして下さいよ、本当に。

高速転送アダプター

 うちのデジカメは、ニコンD700など記録メディアにコンパクトフラッシュ(CF)を使うものが多いです。以前はレキサーのCFをよく使っていましたが、近年は信頼性の観点からサンディスクのものを使っています。
 で、そのサンディスクからCFカードの高速転送アダプターが発売されたので、買ってみました。「SanDisk エクストリーム プロ ExpressCardアダプター」でございます。
 Extreamアダプター_1
 カードリーダーといえばUSBでつなぐタイプが主流ですけど、これはノートPCにあるカードスロットに差し込むタイプです。サンディスク純正なので、これを使えばサンのCFのウリの1つである高速転送能力を最大限に発揮してくれるってわけです。ExpressCard 34/54スロット対応なので、古いノートPCだと対応しません(昨年型VAIO Fがきたおかげで、うちでもこのタイプのカードを使えるようになりました。以前の某dynabookだと、使用不可)。
Extreamアダプター_2
 CFカードと並べてみるとこんな感じ。CFカードは、D700で常用している、うちでは最速の「Extreme ドゥカティエディション 8GB」です。最高転送速度45MB/sと、発売された2007年当時は最速だったんですが……今の「Extreme Pro」は90MB/sらしいですからねぇ。技術の進歩って凄いですな。
Extreamアダプター_3
 VAIO Fに挿してみると、こんな感じ。ちなみに、アダプターの上に挿さってるのはIEEE1394(i Link)ケーブル、さらに上はアナログディスプレイケーブルでございます。
 今までCFからの転送は、アイ・オー・データ機器製USB接続カードリーダー・USB2-W33RWってのを使っていました。CFのUltra DMAモードに対応したモデルです。
USB2-W33RW
これとVAIO F(Core 2 Duo P8700・2.53GHz/Windows 7 HomePremium 64bit)をつなぎ、「Extreme ドゥカティエディション 8GB」を入れてHDBENCH Ver.3.30で計測してみたスコアはこんな感じでした。
CFtest2
一方、「SanDisk エクストリーム プロ ExpressCardアダプター」+「Extreme ドゥカティエディション 8GB」だと
CFtest1
どちらも3回測って真ん中のスコアをアップしてるんですけど、変動はほとんどありませんでしたね。安定してこういうスコアを出し、たしかに速いです。スコアだけじゃなく、速さの違いは体感できます。USB2-W33RWも速い部類のカードリーダーなんですけど、それを大幅に上回るとは。さすが純正というかなんというか。D700は1200万画素とはいえ、RAWだとファイルサイズは大きく、たくさん転送すると時間かかりますから……転送は早く済んでくれるに越したことはなく、現像作業がはかどるのでありがたいです。
 ただ、この「SanDisk エクストリーム プロ ExpressCardアダプター」はCF専用で、かつ基本的にノートPC専用と、使い途が極めて限定される割に実売価格5000円前後で、USBのマルチカードリーダーと比べると明らかに高価です。「それでもいい」って人にしかオススメできない、かーなりニッチな製品ですな。
 ま、私にとっては、高速転送できるし、VAIO FにはSD/MSリーダーが付いてるので3つしかないUSBの1つが空くしで、一石二鳥。良い買い物でしたよ。