F1 2008 イタリアGP

 先週行われたベルギーGP決勝は、終盤に雨が降って、それまでトップを走行していたライコネン(フェラーリ)がハミルトン(マクラーレン)に追い上げられ、抜かれた挙げ句、残り2周というところで痛恨のスピンを喫しリタイア。レース後の裁定で優勝したハミルトンに25秒加算のペナルティが科され、マッサ(フェラーリ)の優勝に変わるという大波乱のレースになりました。ライコネンは本当にいいレース運びをしていたのに……2年連続チャンピオンが大きく遠のく結果となってしまい、残念でした。
 で、今週はイタリアGPですよ。モンツァですよ。“真紅の跳ね馬”の聖地ですよ。ここではライコネンに更なる奮起を、と言いたいところです。
 だがしかし、予選は雨で大荒れ。ライコネンだけでなくポイントリーダーのハミルトン、3位のクビサ(BMWザウバー)が揃ってQ2で脱落というのもびっくりでしたが、なんとトロロッソのベッテルが史上最年少でPPを獲得したのにはさらに驚かされました。雨にめっぽう強いのは去年から証明していましたが……ベッテル、すごいです。
 そして、決勝。決勝もモンツァは雨。モンツァの決勝が雨ってのは、フジテレビのF1中継が始まってから初だとか(そういや見たことないw)。雨の最高速サーキットという過酷な環境の中、“雨男”ベッテルはトップを快走。勝っちゃいましたよ!史上最年少PPに続いて、史上最年少優勝っすよ。それも、トロロッソ(元はミナルディ……あのミナルディですよ?)のマシンで、同じエンジンを積むフェラーリ、総合力では圧倒的に上のマクラーレン、そして兄貴分のレッドブルをも差し置いての優勝ですよ。いやはや、ベッテルは本当に天才的ドライバーなんですなぁ。21歳73日の若さ(私なんてこの年齢ではまだ免許取り立てですよw)にしてこの才能、凄すぎます。いいものを見せてもらいました。
 一方、ライコネンはいいところなく9位フィニッシュでノーポイント。21ポイント差となると、2年連続チャンピオンはもはや絶望的ですかね。よほどのことがない限り今年の残りはマッサのサポートかな……うーむ。まぁ、来年もライコネンはフェラーリで走るみたいですし、来年ですな、来年。
 今年のドライバーズチャンピオンシップはハミルトンとマッサのどちらかに絞られた感じです。ただ、どっちも大ポカもやるドライバーですから、着実にポイントを取るクビサにもまだチャンスはありそう。去年みたいに最終戦ブラジルGPまで決着がもつれて、盛り上がるといいですね。残り4戦、F1もまだまだ楽しめそうです。
 
 えーと、“事情”により、当スペースへのコメントの投稿を一時停止とさせていただくことにしました。昨日も不正なリンク貼りがありましたもので……申し訳ありませんです。
 更新のペースもまた滞るかもしれませんが、可能な限り更新していきたいと思っていますし、ペースが通常に戻ればコメント投稿もすぐに復活させるつもりです。
 今後とも当スペースをよろしくお願いします。
広告

新型!新型!新型!

 きましたねぇ、新型iPod<メーカーページ>。朝起きてすぐにチェックしましたよ。
 nano以外はマイナーチェンジです。けど、私が一番欲しいnanoがフルモデルチェンジで、私の好みである縦長のデザインに回帰、その上追加された16GBモデルのお値段がなんと23800円!素晴らしい!!色も増えて、限定の赤とか新色のオレンジがカッコいいし、黒も今回は実に渋い。うおぉぉぉ、ここはnanoを即、ポチッと予約……しちゃいそうだったんですけど、とりあえず保留してみました。16GB版が手に入るのは早くても月末らしいってのが購入熱を冷ましてしまったんすよね。「それなら、焦らんでもいいか」と(今週末には確実に届く、とかだったら間違いなくポチってましたw)。
 たしかに、今回の4th nanoはいいデザインで大変好みなんですけど、音楽プレーヤーとしての機能にあまり進化が見られないってのも事実です。大容量化だけでも十分といえば十分なんですが……実はこれの対抗馬が、先に発表されてるんすよね。ソニー・ウォークマンのSシリーズの新型です<公式ニュースリリース>。これの16GBモデル・NW-S739Fは機能面では確実にnanoより上。音質も多分こっちが有利だろうし、なかなかよさげなんじゃないかと思ってたんですけど……こうなるとどっちを買うか迷ってしまいますな。デザインの新型nano、機能のNW-S739F……うーむ、悩ましい。まぁ、新型ウォークマンは来月発売みたいだし、じっくり悩むとしますか。
 
 あと、新型iPod発表に合わせてきたわけじゃないんでしょうけど、ソニーは今日すごい新製品を発表してきました。
 ソニーのデジタル一眼レフの新型にしてフラッグシップ機・α900メーカーページ>!
 いよいよ“9のつくα”が帰ってきましたよ。で、デジタルαもついにフルサイズセンサーを積んできました。ウワサ通り、2460万画素という超高画素版センサーです。2460万って……1200万の倍、600万の4倍ですな(すげー)。キヤノンのEOS-1Ds MarkⅢが2110万画素でしたが、あれは80万円以上もするところ、α900は30万円ちょっとで発売されるみたいです。しかも、光学ファインダーは“9のつくα”にふさわしい世界最高クラスのものとか。これは……マジでとんでもないカメラかも。α完全復活か!?
 とはいえ、私にはおそらく同価になるであろうニコンD700の方が魅力的ですな。α900と比べると同じくフルサイズセンサーながら画素数は半分しかないってことになるわけですけど、画像サンプルを見る限り、やはり画素が小さい分α900は高感度に弱いようで画素ピッチが近いAPS-C機と同じような絵の傾向になってしまってます。D3同様余裕のある絵を作れるD700の方が私は好きですね(あのセンサーは本当に“贅沢品”ですよ)。また、ファインダーこそα900の圧勝でしょうけど、それ以外のカメラとしてのメカはD700の方が上。総合的にみれば、D700の方がよさげっす。
 ただ、ソニーのαってどことなく“もう一歩”感の強い製品ばかりでしたが、初めて「これは!」と思える製品を出してきたんじゃないかと思います。キヤノンにもニコンにもない特長を持った高級カメラ、それこそが“9のつくα”ですからね。α900はまさにそういうカメラで、とても良い製品だと思いますよ、私は。
 これで近日中に正式発表されるであろう、キヤノンのEOS 5D後継機がどんなスペックで出てくるのか、本当に楽しみになりました。最近のEOSはちょっとヘンですから、久々に“王者の貫禄”ってやつを見せつけてもらいたいもんです。

覚醒しても、あふぅ

 昨日は更新再開前に届いたフィギュアでしたが、今日は更新再開後に届いたものを。
 マックスファクトリー・1/8「THE IDOLM@STER 星井美希 覚醒ver.」!フィギュアには珍しく予定が早まって先週届きました。
星井美希_1 星井美希_2
 この「覚醒ver.」は、げるぐぐさんがこちらの記事で紹介している「期待の新星ver.」と対になっていて、同時発売されましたが、私は「覚醒ver.」を選びました。選んだといっても、げるぐぐさんが「期待の新星ver.だけを買う」と言われたので、ちょっと対抗してみたってのが本当のところだったりします。ええ(別に対抗する必要はなかったんですけど、なんとなく、ねw)。
 星井美希というキャラは「アイドルマスター ライブフォーユー」をプレイしたので珍しく知ってます。「ライブフォーユー」では覚醒前/覚醒後と分けて使えたので一応両方知ってるのですが……オリジナルの「アイドルマスター」は未プレイなので(※プラチナコレクション化されたのを機に買ってはあるのだけれど、ずっと積んだまま)、覚醒前/覚醒後でどう違うのか実はよくわかってません。「ライブフォーユー」ではあまり違ってなかったですからねぇ(挨拶シーンで気合いの入り方が違う……といっても微妙な差でしかなかったし、やっぱり「あふぅ」でしたからw)。あと、個人的には「美希といえば金髪」というイメージなので、正直なところこのフィギュアが“星井美希”のフィギュアに見えなかったりします(ちょっと間をおいて「ああそうそう、覚醒後の美希なんだっけ」みたいなw)。うーむ、服はこっちの方が好きなんですけど……やっぱり「期待の新星ver.」を買っとくべきだったかなぁ。
星井美希_3
 フィギュアとしてのデキは、素晴らしいです。造形的にもしっかりしててポーズも決まってるし(実に“アイドル”っぽい決めポーズっすよねぇ。往年のアイドル達の脳内映像が浮かんできますよ)、何より服の質感がすごいです。よくもまぁここまで再現できるもんだと感心します。技術力で常に他社の一歩先を行くあたり、「さすがはマックスファクトリー」と言わざるを得ません。
星井美希_4
 あと、オマケでティアラとドリルアームがついてくるんですけど……ティアラはともかく、ドリルアームって何ざんしょ?これってかわいいのだろうか??カッコいいとは到底思えないし……私にはよくわかりませんです。まぁ、オマケなんでいいんですけど。
 このクオリティーで個人的にお気に入りなキャラ“如月千早”と“三浦あずさ”のフィギュアが出てくれれば買ってもいいんですけど……最近のマックスは可動フィギュア「figma(フィグマ))」の方に力を入れてるみたいですからなぁ。当分商品化はムリかもしれませんね……というか、そういや未完のサクラ大戦の1/10シリーズはどうなったんだ!?渋いマリアのフィギュアはいつになったら出るんだ~っ!!

キャンギャルに変態仮面

 久々にフィギュアネタでも書いてみましょうか。
 ここの更新が滞っている間に、当然ながら(?)フィギュアもあれこれ届いたりしていたわけでして……というわけで、やってきました。アトリエ彩・1/6「新世紀GPXサイバーフォーミュラ 菅生あすか ~キャンギャル服~」やまと・「SIF EX エア・ギア 野山野林檎 変態仮面 Ver.」!!
 まぁ、いつも通りといいますか、元ネタはどっちも知りません。「サイバーフォーミュラ」の名前くらいは知ってるんですが(「ガンダムSEED」の監督の出世作、だったよーな?)、その程度ですな。「エア・ギア」なんてまったくわかんなかったり。でも、買うもんは買うんですw
菅生あすか_1 菅生あすか_2
 まずは、「菅生あすか」の方ですが……1/6というだけあって、デカいです。アトリエ彩<公式サイト>という今まで買ったことのないメーカーだったのでちと心配だったんですけど、デキとしてはまずまずってところですね。大きいと大味になったりしがちですけど、手持ちの傘(パラソル?)の表現は見事だし、グロス(ツヤ有り)仕上げとかもきれいで見劣りしません。ただ……メーカー見本と微妙に目が違うよーな気もします。でも、私が撮った写真だと問題ないように見えたりもしますなぁ。気のせい、ですかねぇ……うーん。
野山野林檎_1 野山野林檎_2
 次に、「野山野林檎」の方はといいますと……なんといっても「変態仮面」なコスチュームがえげつないっす。カッコよくポーズを決めてますけど、これはいかんでしょう、けしからんでしょう、反則でしょうw。原作がどういう絵で描いたのか知りませんけど、よくも立体化できたもんだと思います。ただ……立体表現としては身体を取り巻くベルト(?)の質感がなさ過ぎで甘いです。身体の表現はいいんですけど、顔の作り込みでやっぱり甘い感がありますな。悪いというほどではないし水準以上のデキではあるんですけど、あのバルキリーやSV-51を作ってるメーカーならもう少しきちっと作り込んでもらいたいかなと思いました。
 しかし、各フィギュアメーカーさんの開発力が全体的に底上げされているのは間違いないですな。フィギュアメーカーとしてはアトリエ彩もやまともネット評じゃ悪い部類でしたから実のところあまり期待はしてなかったんですけど、今回の製品についてはどちらもなかなかのもんです。マックスファクトリーやコトブキヤなんかにはもう一歩及ばない気はしますけど、値段相応のデキであると言っていいと思いました。フィギュア業界の各メーカーの技術力の差がもっと詰まって、高いレベルでの創作競争がなされるといいですね。

テクモにコーエー!?

 テクモとコーエーが経営統合へ向けた協議を開始ですってえぇぇぇ!?<公式ニュースリリースはPDFファイル形式なので省略>
 テクモは“板垣事件”以来、“御家騒動”状態になってしまって株価が急落、物凄いことになってたんですけど……そこへスクウェア・エニックスが友好的TOBを仕掛けてきたのが先週のことでした。それに対するテクモ側の回答期限が今日だったんですが、なんとテクモは「スクウェア・エニックスへの従属」ではなく「コーエーとの同棲(結婚前提)」を選びました。この期に及んでスクエニをふるとは、テクモもいい度胸してますなw
 ということは、テクモとコーエーがくっつくわけですから、つまりは、「DOA5」に超雲と呂布と服部半蔵と風魔小太郎が参戦して、「戦国無双3」にかすみとあやねとハヤテとハヤブサが参戦するわけですな!!(※勝手に妄想)そして、あの月英と立花誾千代がヴィーナスを身につけてビー(以下自粛)。
 
 ……うまくいくんですかねぇ。

物欲の秋

 前に書いた新型PSP(PSP-3000)は、10月16日発売で、希望小売価格が19800円に決まったようですな<公式ニュースリリース>。
 一方、ここの更新お休み中に発売されたRPG「テイルズ・オブ・ヴェスペリア」効果で販売絶好調と聞くXbox360が、値下げ&スタンダードモデルのHDD容量アップを発表。今月11日から、エリートが39800円で、HDDが60GBになったスタンダードが29800円、HDDなしのアーケードが19800円と、1万円刻みのわかりやすいラインナップになるようで<公式ニュースリリース>。
 うーむ……画面付き携帯型/画面なし据置型と全く性格の違うハードではありますが、PSPとXbox360(アーケード)が同じ値段で売られることになろうとはなぁ。360も安くなったもんです。これで普及に弾みがつくといいんですけどね~。PSPみたいに「いいソフトが出てハードが売れてさらにいいソフトが出て」となったら素晴らしいですな。
 ついでに11日から360のオプションである120GB HDDも値下がりするみたいなんで、私はこれを狙おうかとも思っていたりするのですが(うちの360の20GB HDDはもう満タンで、溢れちゃいそうなんですよ)……10日あたりにはiPodの新型が発表されそうな気配なんですよねぇ。こっちも気になります。新型nanoが16GBで2万円台前半とかだったら……やばいっす。脊髄反射でポチってしまいそうです。
 これは……“物欲の秋”が始まった、のかなw

おいおい、またかよ

 福田康夫内閣総理大臣が、昨日、突然辞任表明しました。
 昨日の夜、私はさっさと眠ってしまい、今朝まで知らなかったもので……今日の朝刊の見出しを見て、たまげましたよ。まずは「おいおい、またかよ」って思いました。
 去年も9月に首相が突然辞任表明しました。当時の安倍首相が辞任表明したのが9月の12日です。で、今回は1日ですか。思えば、安倍首相の前の小泉首相が辞任したのも9月(一昨年の9月26日。小泉首相の場合は自民党総裁の任期切れによる“退任”で、辞任表明はずっと前からしてましたが)。9月ってのは、「内閣総理大臣が辞任する月」なんですかねぇ?
 安倍首相辞任の時は「職責放棄じゃないか!」と思って腹が立ちましたけど……今回の福田首相の辞任というのはどうなんでしょう。まぁ、職責放棄には違いないかとも思うんですけど、国民にはそっぽを向かれ、自民党内からも「福田(首相)じゃ選挙に勝てない」と邪険にされ、しまいにゃ公明党にまでグダグダ言われ(そこまで文句言うなら、政権から出てけばいいのにと思います)……さんざんでしたからねぇ。「あれじゃ辞めたくもなるわ」って、政治にはとかく批判的な私も今回はなんとなく同情的だったりします。
 あと、内閣総理大臣という仮にも日本国の最高権力者(名目上は、ですが)の地位を手に入れた人が、二代にわたって「嫌になったから辞める」って事態はどうなんでしょうか?「最高権力者を辞めたいなんて言う奴はとっとと辞めちまえ」ってのが本当なんですけど……逆に「本当に日本って大丈夫なのか」って心配になってきましたよ。首相(一番偉い人)になっても何もできず、誰も付いてこず、ただただ文句言われるだけ。これって、もはや日本は誰にもどうにもできない絶望的な社会になっていることを意味しているんじゃないかとも思えます。
 そして、こんなときこその野党なんですけど……彼らは「政権交代政権交代」と念仏のように言ってますが、本当に彼らが内閣を組織し、リーダーが総理大臣になって日本国を引っ張っていけるのでしょうか?彼らもそれこそ来年9月になったら政権を投げ出すんじゃないのか、そんな気さえします(今、もし衆院解散となって、民主党が勝って、彼らが考えてる政策を実行してったら、たぶん来年の臨時国会招集前に行き詰まるでしょうな。やっぱり“9月辞任”となってしまいますよ)。ホント、今の日本って夢も希望もない、絶望的な社会なんじゃないのかしら。
 次は、麻生太郎さんが本命になりそうな気配です。あの“べらんめえ”口調でバッサバッサと難局を切り崩していってくれればいいんですけど……ただ、最近、麻生さんは“改革路線逆行派”みたいに言われてますよねぇ。東証は5ヶ月ぶりの安値とかで、マーケットは「麻生新首相なら日本にとってマイナス」と判断してるようですし……どうなってしまうんでしょうか、これからの日本は。個人的には、次の首相は麻生さんになってもらうのがいいかなと思うのですけどね(小池百合子とか野田聖子は勘弁してくれ~)。